インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

ご挨拶

この中国地方も「数年に一度の寒気が訪れる」との事で。

我が家の近所は橋りょうや坂道が多く。

ある程度の積雪があった後は、道路が凍結して、十中八九…

スピンやスタック(雪にハマる)して身動きの取れない車両が続出。

こうした事態に陥っては、毎度の事ながら。

塩カル(塩化カルシウム:融雪剤)の大袋とスコップを手に。

複数個所で同時多発的に起こる「渋滞」その解消に奔走する、が。

私の恒例となる活動でもあって、今朝方も早朝に起床しては。

「さあ!どの道から手を付けようか!」と、外へ出たところ?

目の前には、まるで夜間の滑走路の様な…

漆黒に輝く道路が一筋。ホっ。

まず、大晦日に関しては「杞憂に終わって」何よりなれ。

今宵から元旦にかけても、急激に雪と風が強まる可能性があり。

厳重なる警戒だけは、継続して参りましょう。

そして「大晦日」と前述しましたけども、ふと気が付けば。

本日は、一年の最終日でもある、12月の31日。

私は、前号でも予言した通り、28、29、30、31日と…

連日にわたり議会棟へ足を運んでは、業務に作業の日々で。

そんな年の瀬は?

何も「本年に限った話」ではないので、珍しくはありませんけども。

顧みれば、丁度1年前の大晦日と言えば?

新国立競技場で取材していましたから、アレから、もう1年が経過。

誠に早いモノです。

また、この「誠に早い」間に。

非常に多くの出来事が訪れ、多くを学び、多くの方々に支えられた。

そんな2020年でもありました。

今一度、ここに深謝。

どうか。どうか。

皆様におかれましても何卒、良いお年をお迎え下さいまし。

“365日”通い詰めた議会棟の控室より。

m(_ _)m

投稿日 : 2020年12月31日
ご挨拶

用心に怪我なし

いよいよ2020年も“最終週”に突入いたしました。
 
そんな28日の月曜日も、私は相変わらず朝から議会棟。

取り急ぎ、年内に「済ませておきたい」業務や案件は未だ多く抱えており。

そこへ重ねて。

決して、自らを美化するでも卑下するでもなく。

あくまで「自らのライフスタイル限定」との話にさせて頂きますけども…

私の生活には「ワーク・ライフ・バランス」との概念が、ほぼ皆無。

(一般社会で「働き詰め」は、是とされておりませんので)

常に目標を持って、年がら年中「働いておきたい」。

否、「働く」との表現にあらず、常に休まず「取り組んでいたい」性分。

故に「仕事納め」との概念もありません。

今年も、晦日まで? それとも大晦日まで?

現時点では定かにありませんが、まだまだ年内も取り組み続ける所存です。

そんな取るに足らない私なんぞの話をよそに。

このコロナ禍にあって、健康面でも年末年始に…

「情報」を備えておけば、憂いなし。

昨日の中国新聞にて「これほどの一目瞭然はないでしょう」レベルの?

一覧表が一面に掲載されておりましたけども。

広島市のHP上でも同様の医療機関情報がアップされておりますので。

「もしも」の時は、下部をクリック↓ 早期の対応を。

《令和2年度 年末年始の医療機関》

投稿日 : 2020年12月28日
用心に怪我なし

sensitivity(感応力)とsensibility(理解力)

人々の身に起こる事象により、各々が心に抱かれる、喜怒哀楽。

さて。

以前より当ブログでも触れておりますが、私の朝の日課は「新聞のスクラップ」。

中国、日経、読売、朝日、毎日、産経、他にも建設業界紙の中建日報など。

平日に週末を問わず、朝一番に全紙、全頁へ目を通し。

その膨大な量に及ぶ情報、数多に並ぶ文字の中から?

「目に留まった」「心に留まった」記事をピックアップしてはファイリング。

この作業だけで、長い時は1時間近くを要する事も、ざら。

(毎朝、おおよそ4時台には起床しているので1日の日程には響きません)

また「どこに如何なる記事をファイルしたのか」を分かり易くする目次の役目に。

付箋紙を「医療トリアージ」の如く活用しては…

「熱く胸に刺さった」暖色(赤色)から「冷静に受け止める」(青色)寒色へと。

記事の“重要度”を分類しては、タイトルを書き込み、保管。

必要な際に、再び引っ張り出して活用すれば無論、備忘録の意味も。

はてさて。何年も、こうした一連の日課を続けているのですが、何を言わんや?

平均すれば「1カ月分のスクラップ」に必要とするファイルは“3冊”位になれ。

この「2020年の12月」は、目に留まる、心に留まる記事の量が多く…

12月分のファイルは厚みを増し、冊数は増えて行くばかり。

それは、あくまで個人的な感受性、主観に依拠するモノながら。

裏を返しますと、それだけ人々(他者)の「喜怒哀楽」が…

“私の心”へ呼び掛けて来ては都度、キャッチしている証左でもあって。

「全ての人々へ対して何が出来る訳でなく」恐縮至極に存じますけども。

たとえば、今月の中旬には。

「新型コロナウイルス関連の倒産」が、全国でも“約820件”に達し。

どれだけ多くの方々が、苦しみ、路頭に迷われている事か。

(上記は法的に位置づけられた倒産の一端で、実数は何倍にも及ぶ?)

(出典:帝国データバンク)

クリスマスを迎える前段、22日の時点では。

ウイルスの感染拡大に関連した解雇や雇い止めが…

“約7万8千件”にも上っています。

今朝の紙面にも「クリスマス祝えぬ」「給付金は焼け石に水」とありましたが。

どれだけ多くの方々が、不安に苛まれたまま、新年を迎えんとされている事か。

私共は決して、不感症(不干渉も込み)に陥ってはならず。

スクラップブックには今月も、赤色の付箋紙が増えて行くばかりです。うぅむ。

浅学菲才なる私なんぞが、一気に世の中を好転させる事は叶わずとも。

諦めず、手の届く範囲から、一つずつ。一つずつ。引き続き。

では、今回の結びに‟広島市のHP”より。

昨日の更新分を含め、幾つかインフォメーションを。

投稿日 : 2020年12月25日
sensitivity(感応力)とsensibility(理解力)