インフォメーション

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

いちごいちえ

日曜日は朝から、社会福祉協議会の合同会議。

まるで”議員時代”のような書き出し、書き振りですが、当然ながら…

民間の立場になれど、地域活動を放り出すことはございません♪

いち早く会場に入り、会場をセッティングしては、いそいそ。いそいそ。

「お願いだから、社協の会長を引き受けて!」

と、3町内会の会長から切望、幾度も懇願されてから、はや10年。

「お願いだから、社協の会長職を交代して!」

と、こちらから熱望、懇願し続けてから、はや4年(笑)

ながら「私ごときで地域にお役立て出来るのであれば」のスタンスは不変。

会議の後も地域商店街の”倉庫のお引越し”であったり。

”地域猫”救済活動の関連で自転車を30分ほど飛ばしたりと。

”地域”行事が渋滞ラッシュ。ゆえ。

立ち上げてから2年。運営にも携わっている子ども食堂の参加は叶わず。

でも、現状を俯瞰、客観視すれば「お陰様」の”一語”に尽きます。

だって、そこかしこに仲間が、同士が溢れているんですもの♪

この輪を少しでも広げて、引き続き地域に”ご恩返し”せねばね。ウン。

で、1日遡っての土曜日。

言わずもがな、触れないわけにはいかない、サンフレッチェ広島(笑)

”地域つながり”で続けますと。

地元安佐南区出身で、過去のイベント等でもご一緒しては…

彼の新人時代を知り、私もひときわ思い入れのある川村拓夢選手が…

欧州に移籍する、その前段となる”最後のホームゲーム”が訪れました。

(勿論、いくいくはクラブに戻ってくる可能性があるにせよ当面)

もうスタジアム内は選手、関係者、サポーターを問わず、皆が皆…

カメラやスマホを構えての「記念撮影」ラッシュ!

言わずもがな、周知の通り。

真面目の頭に「生」が付くほど、生真面目で何事にも全力の好青年であり。

サッカーのみならず、海外で人生経験をタップリと積んでは。

一回りも、二回りも大きく成長して欲しいな♪

頑張れ!拓夢!

では、結びに余談を。

あの広域公園の観客席から選手紹介をしていた頃が、かくも懐かしく。

現在のEピース(新スタジアム)など?

”ナイターの演出”一つとっても”隔世の感”がありますけども。

この度は、高校時代の同級生と共に観戦。

さすれば。

私が当時、いつもランチタイムに飲んでいた大好物を…

未だ記憶していては、プレゼントしてくれたりと(笑)

(当時と商品は違えど相変わらず「イチゴ・オレ」が大好物の私♪)

「感謝」のイチゴに尽きるぜ!

^_−☆

投稿日 : 2024年6月16日
いちごいちえ

写真で一言

本日、帰宅したらポストに入っていました。

2ヶ月前に受け取っていても…

それはそれで、ありえませんが。

繰り返しとなりますけども、2024年6月14日の話。

しかも、社会的には相応に…

シッカリとした団体(送り主)からの一通です。

そして、我思ふ。





「わざとだよね?」

冗談の通じる

おおらかな性格で…

良かった♪


(⌒▽⌒) おほほほほほ

投稿日 : 2024年6月14日
写真で一言

念願成就

サッカー日本代表のW杯2次予選最終戦。

闘いの舞台は?

そう。地元のEピース♪

エディオン・ピース・ウイング・スタジアムです。

国際平和文化都市の新スタジアムへ国際試合を招致、開催する。

夢にまで見た”この瞬間”でしたけども、実現までに…

苦節17年を費やしました(笑)

まずもって、試合が19時10分キックオフでしたので。

自宅を17時20分に自転車にて”ユニフォーム着用”で出発すると?

「アレ?今から」「チケット手に入ったんだ!」「頑張って!」等々。

方々(ほうぼう)より幾人もの方々(かたがた)から声が飛んできます♪

そして、ひとたび現地へ到着すると、まさに”そこ”は…

お祭り騒ぎ!

知る人ぞ知る、なのですが。

通常のJリーグと日本代表戦では、雰囲気が全く違います。

似て非なるモノなり。

Jリーグは、スタジアム内も完全にホームとアウェイに分断され。

互いに「絶対に勝つ!」真剣モード、プンプンに包まれ。

勿論、代表戦(公式戦)も真剣モードに変わりはなくとも。

いわゆる「◯◯クラブのサポーター」との枠を超えて。

「みんなでサムライブルー(日本代表)を一緒に応援しましょう」

との、どこか”ノリ”がありまして。

ホント、雰囲気は「その空間を満喫、楽しもう」とする人々が織りなす…

「お祭り」なんです。

補足まで。Jリーグに代表戦、どちらもの場内アナウンスも…

担当した過去のある私が言うのですから間違いありません。

コールすると、そこへのレスポンスの”感度”が違う!

ホント感度が良好なんです。そもそも”代表戦”クラスの試合になると?

あまり「牛に引かれて善光寺参り」めいた観客がいらっしゃらない事実♪

(思いがけず連れて来られてしまい、ながら偶然にも良縁に恵まれる意)

みんな率先して、能動的に「楽しみに」に来ているのですから。

兎にも角にも、試合は我らがサムライブルーの快勝となりましたけども。

それこそ、キックオフ前の国歌斉唱。

感極まり、涙している森保監督の表情、そのドアップ映像を目にして…

こちらまで感涙する次第。

”ここへ”至るまでに様々な舞台裏、紆余曲折が存在したものな。

だって。

税金と相応の時間を費やしては、スタジアムの建設候補地を比較検討した結果。

当初は、宇品港の前にある「公園」が最適地として選定されていたなんて。

当時も21世紀でした。

観音マリーナからも船でサポーターを送り届けるとか…

ありえないですよね(失笑)

そこを覆すのに…

多くの人々がどれだけ苦労したことか。

今更ながら嘆息。(たんそく:ため息)

いや。こんな最高の夜に、言うまいぞ。

だって。

至極となる「夢の器」を多大なる市民の方々のバックアップで築き上げ。

そこで、代表選手が躍動する!

うむ。気分は「最&高」ではありませんか!

あるのは、恨みや辛みでなし。

ただただ「感謝」でございます ☆彡

m(_ _)m

投稿日 : 2024年6月11日
念願成就

月別表示

最近の記事