インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

節分の前に再確認

朝に一仕事、終えた後。

時の頃、午前9時半くらいでしょうか。

なんとか今日中に仕上げたい資料や原稿の作成に取り掛かり。

途中、特別委員会の“正副レク”などでデスクを空けながら。

(委員会開催の事前に、職員さんより委員長と副委員長が当日の流れ、内容の説明を受ける)

調べ物も進めながら、ひたすらパソコンに向かうこと、何時間でしょう?

「ヨシ!できた!」までは時計を見ないでおこうと心の中で決め。

その訪れた瞬間、腕時計に目をやると…

「16時55分」。

おお…。もっと明るいウチに、やらなければならない業務が山積していたのに。

当然ながら1日は、まだまだ終わりませんので。

日付が変わるまでも、日付が変わろうとも、活動は止まらないのですが。

いけません。ここ最近、輪をかけて慌ただしく。

少々“ゆとり”を失っては、心が毛羽立って行くのが自分でも分かる次第。

何かに夢中になれば、なる程に。打ち込めば、打ち込む程に。

「他人の悪口など言う暇もなくなる」とは申しますけども…

この辺りは正に「その通り」ながら。

でも、なりませぬ。何故ならば。

私が常に掲げている「人生の骨子」(主眼に据えているスタンス)が?

当ブログでも幾度となく登場して参りました…

「和顔施」(わがんせ)にありますので。

今一度、和顔施とは。

お金がなくても出来る「無財・七施」の一つでありまして。

誰とお会いしても、常に優しい表情で接しては。

相手の心を和ませ、周囲までも明るくすること。

つまりは、決してフザケているのではございませんが。

人生に“遊び心”は非常に大事ゆえ。

我が家の愛犬を用いて、ご説明をさせていただきますと。

ちょっと心のゆとりを失い、ただでさえ三白眼の私に、拍車が掛かっている現在。

「飼い主に似る」のか。気が付けば表情も、こうした状態に。

これはこれで、ある意味。2周ほど回って「和顔施」と言えますけども。

昔から「気軽に話しかけやすい人」が私の売りでもありましたので、やはり…

こうでなくっちゃ!

「隣りの庭に囲いが出来たってねぇ?」「そりゃカッコイイ!」「だワン!」

(注:同じ犬です)

丁々発止の審議が行われている通常国会の会期中に。

この種のポップでカジュアルな文面、誠に恐縮の極みなれ。

平素より、手を抜かず。

正確には、不器用で手を抜けず。

兎にも角にも日々、徹底して活動しているのはご承知いただけているかと。

さて。業務に戻ります!

より良い未来を築くべく。

その為にも、テクニカルな方法論や政策云々ではございません。

世の中、まずは。

和顔施。和顔施から。

投稿日 : 2023年2月2日
節分の前に再確認

じつは、実話

連日、打ち合わせや地域要望の対応で東奔西走しながら。

その合間にも、周囲やマスコミの方々から「選挙」について問われます。

「現在の状況は?」「準備は何処まで?」等々。

しかも、その頻度が日に日に増しているのは確か。

こちらも“着手”していないゆえ、事務的に「まだ何も」との返答しかできず。

都度、甚だ恐縮なので。

(着手していないのは「余裕」等でなく、そこまで活動が追い付いていない)

ここに、一通の手紙をしたためました。

駄文ですが、「白紙(何もない)よりは」と、ご海容くださいまし。


拝啓 大寒の候、皆さま、お変わりございませんでしょうか。

早いもので、はじめて立候補したあの日から。

12年目の春を迎えんとしています。

この間、多くの人々のお蔭をもちまして。

私は市議会で活動をする事が叶いました。

顧みれば、あれは初当選して間もない頃。

サンフレッチェ広島のホームゲームへ1人、出掛けた時の話です。

それまでは、スタジアムの5階に位置するアナウンスルームから。

訪れてくださった観客の人々を「ようこそ」と迎える立場だったのですが。

約11年ぶりに「迎えられる立場」になってみると。

その開放的な気分や目に映る景色は、かくも新鮮で嬉しくもあり。

しかし、マイクを通じて観客の人々と意思疎通を図る機会を失い、悲しくもあり。

そんな時です。

「事実は小説よりも奇なり」と申しますが試合中、ふとした瞬間に。

その時の観客数と、選挙での私の得票数が偶然にも「近い」事実に気づき。

改めて、観客席を見回しながら

「この全ての人々が投票所で私の名前を書いてくださった規模なのか」

そう思うと、突然、目の前に現れたリアリティに涙が止まりませんでした。

つくづく。「すべては当たり前じゃない」と。

あの時の感激と感謝を忘れたことは今日まで、片時もございません。

まだまだ行き届かぬ点も多く、誠に微力な若輩者ですが。

『一粒の木の実は、いくつもの森を生む』

決して「自らを諦める」ことはありませんので。

引き続き、この命。メラメラと燃やして参る所存です。

寒さ厳しき折柄、皆さまにおかれましても。

体調など崩されませんよう、ご自愛くださいまし。

敬具

投稿日 : 2023年1月31日
じつは、実話

人事を尽くす

3日ほどでしょうか。

しばし、ブログの更新が滞っておりました。それも無意識のうち。

なにせ。有り難い限りで、日程が連日にわたって続行で訪れ…

誠に、忙しく。

と、表記したり、吐露すると。

「心を亡くすと書いて『忙しい』と読む」

「忙しいなんて、口に出すべきではない」なんて論調もありますが。

(無論、それだけの「意味」ではなくとも)

そもそも私は。

「心を亡くすと書くのよ…」とのネガティブな発想、自体が無く。

加えて。

私の何倍も忙しい人々など、世には数多、存在していらっしゃり。

間違っても「多忙」自慢なんてする気など皆無です。

「おお!忙しい毎日で、時の経過たるや、アッという間だな!」

と、素直に感じては、そこを“事後”に改めて実感しているだけ。うむ。

なんてつまらないのでしょう。ここまでの屁理屈の羅列。

この話は止めます。いや、続けてみるとします。と申しますのも…

私に限らず、早くも地元紙には?

「次回の統一地方選に立候補する意思」一覧が掲載されており。

新人の立候補者の方々に対しては、言わずもがな「期待値」が生じ。

いわゆる「これから」に有権者の方々の目が向けられますけども。

僭越ながら、私どもは「これまで」の評価となりますので。

実際、今現在まで。

私は「選挙への準備」を何一つ行なっておりません。何一つ。

(フライングになりますので「出る」とは一言も表記しておりませんが)

早い人は、昨年の時点で既に?

選挙へ向けて、地域を縦横無尽に「挨拶回り」していらっしゃいましたが。

私は常々、目の前の業務や訪れる日程に全力を尽くしており。

「なんらかのデザイン?」「枚数?」「地域?」「戦略?」等々。

全くの未着手。完全なるゼロ。

その話を昨日、たまたま知人と交わしたところ、驚かれました。

「えぇぇぇっ?」「余裕なの!?」と。

ちなみに。

私に余裕など、あるはずもなく。補足すれば、思い上がりもない。

ただし、過去の12年。日々の活動に於いて。

「あの時、全身全霊を注いでいればなぁ…」との手抜きもない。

思い返せば、高校球児の頃。

年間を通しても、部活の休みは「お正月」の1日だけ。

(時にイレギュラーで、急きょ休みが追加される事もあれ、基本的には)

しかし、私は平素から学校へジョギングで通っては。

その数少ない休みの日も一人、学校のグラウンドへ自主練に通っていました。

常に「己は至らず」と感じ、休むよりも兎に角、“練習”がしたくて。したくて。

思い返せば、あれから30数年が経過した「今現在」と比較しても。

なんら“スタンスが変わっていない”事に気づかされます。

(このブログを綴りながら、そこに気づきました)

「頭脳」だけは、なかなか周囲や世の中に追いつきませんけども。

あらゆる事案に関しましては、必ずや。

お天道様が見てくださっておりますので。

それは、どなたへ対しても。

投稿日 : 2023年1月29日
人事を尽くす

月別表示

最近の記事