インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

地肌も、どこか、衣替え

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われる通り、つまりは日本古来の…

「冬の寒さは“春分”頃まで、夏の暑さも“秋分”頃まで」の慣用なる表現ですが。

今年の場合、秋分の日が「23日」(月)なので、その前後1週間。

9月20日(金)から9月26日(木)が「秋彼岸」となり、繰り返しとなれ。

残暑も大よそ、この辺りまでと。

つきましては、コレより余談の極みを展開させて頂くとして、先ずは次の写真。

コチラは、我が家の各所に適材適所とばかり用途別にセッティングした扇風機で。

補足までに…

1:身支度時に使用。

2:平時&就寝時に使用。

3:酷暑時(使用するとTVの音が全く聞こえないなど一長一短アリ)に使用。

4:トイレ長時間滞在時(リモコンの置き場所は名画の名場面を再現)に使用。

等々、今年の夏「も」各種の扇風機をフル活用しては?

この彼岸まで、自宅のリビングや寝室での「クーラー使用」はゼロとなりました。

周囲からは驚かれますけども、昔から「ノドが命」で使用する事が無ければ。

いつの間にか、それが習慣化しては「ここ何年間も」ゼロ記録を更新中です♪

さてと。それでは、本日の話へ。

当初、朝の8時前に自宅を出ては、夕方の17時くらいを帰宅とし。

「安佐北区の森林にて“木材の搬出”(実習)について勉強させて頂く」

この様な予定だったのですが、昨日の雨に台風の接近も重なり。

足場も悪く、安全面を考慮しての「中止」が決定。

そうなると必然、「丸一日」のスケジュールがポッカリと空きまして。

かと言い「やるべき作業」は山積状態なので、議会棟へ向かっていると?

縦看板に「B型、AB型の成分献血が不足しています!」の文字が。

相変わらず、そうしたメッセージを目にしたらば…

“素通り出来ない性分”が騒ぎ出し、急きょ踵(きびす:かかと)を返しては…

まだまだヒヨっ子の域となれ、通算で41回目の献血へ。

その後、盛んな血の気も落ち着いたとばかり♪

バリバリと作業に勤しんでいる次第です。

昨日の土曜に明日の日曜も幾つかの現場があり。

お蔭様で「情熱を基本」「体を資本」に活動させて頂いておりますけども。

話を冒頭に戻せば、夏場など私はシャワーを浴びる際も給湯器を使用せず。

つまりは「水風呂」です。いつも。

さすがに最近は「最も低温」で給湯にもスイッチを入れ始め、言わば…

「秋の到来を肌で感じている」ところ。

お彼岸も手伝い、改めて。

丈夫な身体を継承して下さった“ご先祖様”に感謝して。

この秋も、東奔西走して参る所存です。

投稿日 : 2019年9月22日
地肌も、どこか、衣替え

いざ出陣!

9月の議会「開会」と並行して、本日から、いよいよ「開幕」を迎えるは?!

「4年に1度」繋がりとばかり、夏季五輪、サッカーW杯に続いて…

「スポーツ世界三大祭典」の一つとして名を連ねる「ラグビーW杯」。

今回は「アジア市場開拓」も視野に入れる、言ってみれば本部の方々と。

「何としても日本開催を!」と招致活動を継続して来た協会の思惑が一致。

第9回にして「アジア初開催」(&初の自国開催)に漕ぎ着けた経緯もあり。

かつ、何より競技は「人生の縮図」とも表される“熱き肉弾戦”のラグビーで。

既に160万枚以上のチケットが売れ(内、海外向けは40万枚以上)。

熱気もムンムン!否応なしに「盛り上がる」こと間違いなしでしょう♪

札幌から熊本までの12都市にて、いよいよ。

五輪の3倍となる44日間、計48試合にわたる熱戦の火ぶたが切られます。

我らがラグビー日本代表の歴史を振り返れば?

ニュージーランドに「17対145」と歴史的な大敗を喫した95年大会。

カナダ相手に何とか引き分けに持ち込み連敗を13で止めた2007年大会。

あの記憶に新しい、南アフリカを破った2015年大会もありました。

しかし、過去は全て「1次リーグ敗退」となり、今大会では。

悲願の「8強進出」を目指します。

日本代表のチーム・スローガンは「ONE TEAM」。

試合開始4時間前の食事では「おはぎ」を食べて出陣する予定だとか♪

開幕を飾るロシア戦は、本日19時45分キックオフ!

頑張れ!日本代表!

私も議会で頑張ります!

投稿日 : 2019年9月20日
いざ出陣!

心中複雑

気温は高くも湿度は低く、頬に当たる風も心地よい、快晴の朝。

地域活動の準備を進めるべく、自転車の荷台に大きな荷物を積み。

総合福祉センターや役所を行き来しながら、初秋の季節感を満喫していると?

曲がり角から、茶色の髪に、真っ赤な口紅を引き、くわえタバコで…

黒い軽自動車を駆る若い女性が、ジムカーナ選手権も顔負けとばかり。

猛スピードで右コーナーをパスして行きました。

Oh,boy.(おぉボーイ:男の子の意にあらず「おやおや…」の意味)

続いて自転車を南へ走らせていると、遭遇したるは?

十中八九「外回り営業中」であろう、白い社用車を駆る…

中肉中背の中年男性が、シグナル・グランプリにエントリーせんとばかり。

助手席のヘッドレストに片手を回しながら、ダイナミックな“よそ見”して。

細い路地を猛スピードで北上して行きました。

短時間に覚える2度目の感情… Oh,boy.

素敵な朝が、台無しではないか。なんだかなぁ。

「あおり運転」の規制や厳罰化が叫ばれる昨今であれ。

日常には、それ以上「身近」に危険(ドライバー)が溢れているのも確か。

「被害者」を生み出さない為に、誰もが「加害者」にならない。

切に、何卒、安全運転を心掛けて頂きたいモノです。

そんな気分が「更に下がるか?」「逆に上がるのか?」未知数であれ。

一路、地下にあるかもしれぬ埋蔵物の試掘調査が始まった…

スタジアム建設予定地である中央公園広場へ。

既に報じられている通り、中央公園広場内の「10箇所」を選定しては。

都度、縦に1m、横に10m、深さにして2mほど掘り進め。

埋蔵物の有無をはじめ、これより。

「本格的な発掘調査が今後は必要となるか否か」を見極める為の…

調査が行われて参ります。

仮に「何か遺構が見つかった」からと言い。

資料として記録、保存するプロセスは経るにしても、あらゆる日程が?

全面的に「ストップ」するモノではないのですが、しかし、それも。

「何が出るか?」によりますので、果たして。

率直な心境を“ここだけの話”正直に吐露すれば。

「掘ってる傍から私が埋めて行きたい」ところであれ、そうも行きません。

キチンと。そこはキチンと、やはり。

そして引き続き「2024年春」のキックオフを目指して。

投稿日 : 2019年9月18日
心中複雑