インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

読後に改めて

書き綴りたい事は山積しながらも、やはり触れておかなければなりません。

今朝の中国新聞“社会面”の記事。

「広島県内の交通事故死 昨年を上回るペース」遺族 傷心を越え法廷に

広島県内の交通事故死亡者数が昨年を上回るペースで進み。

11月27日の時点で79人にも及ぶとの事。

更に記事は、昨年の11月に福山市に於いて。

自転車を運転する21歳の愛娘を、飛び出して来た自動車に撥ねられ失った。

事故当時の背景やご遺族の悲痛な心情、様々なエピソードが綴られており。

紙面を読み進めるにつれ、こちらも胸が締めつけられる思いに。

手前の些細な話で誠に恐縮ながら、私も先日。

自転車で走行中、相手も自転車だったのですが、よそ見する運転者が…

ノンストップで突っ込んで来ては回避不能な状態で衝突され。

ヒザから出血しては、スーツが約30センチにも渡って割けた事があり。

平素から安全運転には努めながらも「もらい事故」は常に存在し得るモノで。

改めて「公道では気を付けなければ」と、痛感していた次第。

かつ、私が申したいのは、そんな余談とは別に。

誰でも「加害者側になる可能性について」です。

毎日の様に、街中を何十キロも自転車で走行しては、ジョギング時などにせよ。

驚く程にスピードを出して走行する車に「度々」遭遇いたします。

道路幅など広い、狭いを問わず、繰り返しますが日常の茶飯事であり「度々」。

そして都度。

「お子さんなどが飛び出して来たら、どうするんだ!?」との感情を覚え。

結局のところ、そんな方々は「たまたま」偶然にも無事故なだけであって。

「いつか」「いつか」事故を起こす可能性を、更には加害者になる可能性を。

多分にはらんでいる。

しかも、冒頭の記事の様に、この世に生を受け、周囲の人々から愛されながら。

二度と戻らぬ命を失う確立が高いのは、言うにおよばす「被害者」側です。

勿論、乱暴運転をせずとも、事故を起こしてしまうケースはありますが。

「頼むから」「頼むから」無謀に飛ばす運転は止めて欲しい。切に。

それは「他者」のみならず「自ら」の為にも。

「交通事故死亡者数が79人」と、数字で表記された背景には。

周囲の多くの人々を巻き込んだ、79通りの測りし得ない無念。

怒り、悲しみが、生み出されており。

加害者側のご家族も含めれば、その不幸は果てしなく広がって行きます。

他者を、自らを、慈しむ。

「たまたま」は、いつまでも続かないのですから。

投稿日 : 2018年11月29日
読後に改めて

歩いて喋ってWalkie Talkie

時に、このブログでも触れている通り。

私は、夜も消灯して床につき「さあ寝るか♪」と、就寝する事が…

月に数える程しかなく、おおよそ「いつの間にか寝オチ」する日々の連続ですが。

心底「お蔭様」と感じられるのは、夜が深まって来ても?

「明日は何々をしなくては!」と、訪れる翌朝が本当に待ち遠しく。

誠に有り難い限りです。

この数日間も、幾つかの地域要望に来客、陳情の立会い、打ち合せ、例会、等々。

瞬く間に時は過ぎておりますけども、そんな折。

「実現性」は定かではないながら…

ある方面から「講演会」のオファーを頂戴したりも。

ちなみに、議員にさせて頂いた後、同様のオファーを大学生等から受けては。

各所で「講演会」と言い切れば大仰ながら、自らの話をさせて頂く機会はあり。

(議員による「活動報告」や「個人演説」の種とは違い)

そもそも、議員にさせて頂く前は?

例えば、青年会議所の周年行事、各業界、地域の団体等からもオファーを受け。

市内のみならず、県域に渡り各地で講演を行っていたモノです。

私なんぞ、何を成し遂げた訳でなく。

それこそ、大それた人生訓を教示する様な話は出来なくとも。

多少は波乱万丈の人生を歩んで参りましたので、それは、それなりに。

涙あり、笑いありの退屈させない話をする自負はあったりもして♪

(実際、過去に涙して下さった方々が幾人も)

ついつい四方山話に終始してしまいましたけども、まだまだ。

途上の身であり、人生経験も足りません。

明日からも、重ねて参ります、コツコツと。

投稿日 : 2018年11月28日
歩いて喋ってWalkie Talkie

洋題:make progress 邦題:進化・上達

本日、11時より開催され、出席したるは「議会改革推進会議」。

同会議は、読んで字の如く「議会の改革を推進」すべく。

各会派から選出された14人の議員で構成され。

様々な「改革検討」項目を審議、調整するなど、定期的に開かれます。

例えば、過去にも「タブレットを使った議会のIT化」や。

「議員定数の見直し」「通年議会の実施」「請願・陳情審議の活発化」。

「市立高校の生徒さんによる提案発表会の実施」等々の検討がなされ。

直近では「議会による政策立案を行なう為の仕組み」が議論されて参りました。

今後、同案件(議会の政策立案を行う仕組み)が正式に可決された暁には?

端的な表現を用いますが、議員側から「〇〇条例を導入すべし」等の提案後。

その案件を「市長へ政策提言」したり、「議員提出議案」として上程するなど。

つまりは「チェック&議決」機関である議会側から“政策の立案”を進めて行くと。

勿論、現行制度下でも同様のアプローチは可能であれ。

こうした仕組みが「より確立」される事によって…

議会側からの政策立案、その成就が「より現実味」を帯びて来るは確かで。

本日の会議でも方向性が示された通り、まずは来春の「改選期」(選挙)までに…

同システムの「設置」を目指し、引き続き、私共も努めて参ります。

続いて13時からは、来月の3日に開会する「12月議会」を前に。

行政側の職員さんから同議会の議案(提出される案件)について説明を受け…

意見を交わす、会派ごとの“勉強会”が行われ。

いよいよ日程的にも「議会モード」へ突入して参りました。

補足までに「議会が近づいて来たから仕事モード」になる訳ではございません♪

平素から「365日」仕事モードに変わりは無いながら。

議会が訪れると、その会期中に「審議しなければならぬ」案件が上げられるゆえ。

“そこ”への「注力も必須」となる意での、議会モード。

重ねて、繁忙期に閑散期など「無い」に等しい、連日のタイムテーブルに於いて。

取り分け「この時は頑張りまっせ!」なんてモノにあらず。

12月議会へも、当然ながら真摯に取り組んで参る所存です。

そして18時半からは、昨今「全国のタイトルを総ナメ」と表現して、過言なき。

強豪「NTT西日本ソフトテニス部」の壮行会へ。

昨年は日本リーグで史上初の8連覇を達成しては…

今大会の「9連覇」を祈念しての催しであり。

大会は「12月14日〜16日」までの3日間、愛知県で開催されます。

ソフトなボールをハードにスマッシュ!

前人未到の地へ足を踏み入れた地元クラブの、更なる未踏を、見とうなる♪

是非とも“伝説”を築いて頂きたく、皆様で熱い声援を届けて参りましょう!

重ねて、日本の“頂”(いただき)を極めるまでには?

常人の想像を絶する、努力あってこそ。

千里の道も一歩からで、日々の研鑽を軽んずべからず。

凡庸なる私ごときは、明日もクッタクタになるまで、取り組むと致します。

投稿日 : 2018年11月26日
洋題:make progress 邦題:進化・上達