インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

諸邦の処方

週末に続き、梅雨入りを忘れさせるほどの快晴で迎えた、月曜日の朝。

7時台には議会棟で黙々とパソコンと業務に向き合いながら、一息入れて。

日課である新聞全紙(各紙)に目を通していたらば、今朝にしても時節柄。

多くの特集が組まれては紙面上、高頻度に登場して来るワードが?

やはり「ワクチン接種」でした。

日経新聞では、自社による世論調査結果が報じられており。

コロナのワクチン接種計画について、72%の人々が…

「順調だと思わない」と回答。

海外と比較して、接種が遅れている原因を複数回答で聞いたところ…

「国の準備不足」が、77%で最も多かった。等々。

ならばと、ワクチン接種について「海外と比較」した記事について触れれば。

この度の産経新聞掲載、「特派員が見たワクチン接種 世界の状況は」。

コチラの特集がひときわ目を引いたのですが、内容は。

同紙の特派員が「世界各地のワクチン事情」を現地リポートしたモノで。

まず「主要国で1回以上ワクチン接種を受けた人の割合」は?

(各国に関する「割合の集計時点」に数日間の差異アリ)

英国56.88%。米国49.55%。シンガポール36.11%。

フランス35.74%。ロシア11.12%。韓国9.14%。

世界平均が10.36%で、日本が6.41%であると。うぅむ。実際に。

先述、日経の「順調だと思わない」国民の回答を裏づける現況にありますが。

各国の現地リポによると、例えば米国。

通常、予防接種は薬剤師が行っているので、グーグルマップにて。

「ワクチン接種会場」を検索すると、ずらりと…

数多くの‟ドラッグストア”が表示され。

処方箋を受け取るカウンターで、買い物客から丸見えの状況であろうと。

薬剤師より、手早く素早くワクチン接種がなされるそうで。

他方、病院などの接種会場にせよ「予約不要」が非常に増えては。

(そう言えばNYのマンハッタンでは、その場で観光客にも接種していたり)

同様、予約なしで接種できる「ワクチンバス」が各所を走っていたりも。

シンガポールでは、ワクチン接種の結果をサイトで閲覧でき。

ダウンロードも可能など、IT大国らしく一連の接種が…

「オンラインで管理されている」と。

また、接種割合で上位を快走する英国のロンドンでは。

「1回目のワクチン接種の予約は必要ありません」の張り紙が病院に掲示され。

接種に必要となる様々な情報は(登録を済ませれば)一元管理してあるので。

外国人にもスムーズに情報が届き、接種を済ませられ。

他国と同様に「予約不要」の会場が増えていると。

改めて、上記の特集記事には、他にもフランスのパリや韓国のソウル。

中国の北京にロシアのモスクワ状況も報じられているなど。

まさに習慣や風俗に国家観も「ところ変われば品、変わる」通り。

しかし、ところ変わろうとも、人々の生命や健康は迅速に守らねばならず。

この期に及び「他国を羨んでは自国を蔑んでばかり」でもなりますまい。

私共にせよ、現場の声や要望は自治体へ届けながらも。

“そこから先”は、なかなかどうして介入の余地もございません。

故に、歯がゆいところなれ、諦めずに誰もが「ハチドリのひとしずく」。

では、結びに。

今回は「ワクチン接種を特集した新聞を特集」しましたので。

中国新聞に掲載されていた、非常に分かり易い…

「ワクチン接種Q&A」を此処に。

投稿日 : 2021年5月31日
諸邦の処方

connect

この広島も含めた9都道府県にて、発令中の緊急事態宣言が。

「来月20日まで」延長される事が決定いたしました。

(日程カレンダー:source 産経新聞)

改めて、ここに。

当初は大型連休中の短期集中型で「何とか乗り切れるか?」と。

青息吐息の中、発せられる時短・休業要請に従っては…

懸命に踏ん張って来られた、各業種の多くの方々が抱かれる。

落胆や葛藤など、その心中たるや、いかばかりかと。

そんな今朝も、報じられて来るは。

先の緊急事態宣言後、軒並み飲食街の人出も8〜9割の減少。

「外食産業を直撃 来店客7割減」。

人々の“余暇”に欠かせない観光を長年に亘り支えて来た、旅行業の雄。

大手JTBは2021年3月期決算にて、純損益が前年の黒字から。

一転して、過去最大となる1051億円の赤字を記録し。

グループ従業員7200人の削減や国内115店舗の閉店を進めると。

他方、私も今日まで、何十組に上る披露宴の司会を務めて参りましたが。

来月と言えば「ジューンブライド」。結婚披露宴シーズンの真っ盛りなれ。

この度の再延長により、「会場が…」「祝杯のアルコールが…」等々。

ただでさえ“昨年度”は、挙式を延期、もしくは中止したカップルは…

「約28万組にも上る」と推計されていたところ、今年も戸惑いの声が。

また、運動会や修学旅行も同様で、延期や中止の要請が届き。

これまた多くの児童へ影響が及ぶ事に。

昨日、文科省の発表によると、本格的に学校が再開した20年6月から。

21年4月末日までの間、コロナウイルスに感染した児童生徒が…

「1万9962人」であったと。

変異ウイルスの影響等で。

感染数の少なかった“若年層”にも明白なる変化が見られ。

より一層の警戒が呼び掛けられています。

世の中には、既にご家族や友人知人が感染されては。

その後、快方へ向かった。重篤化した。など。

搬送から治療までの一連の経緯や背景、当人にご家族のご労苦を。

重々承知の方々も一定数いらっしゃるかと存じますが。

(私も様々なケースをヒアリングしております)

“今更”ここに強調するまでもなく、ひとたび感染、発症となれば。

生活が一変しては、本当に「生命」に関わって参ります。

勿論、感染防止を徹底されている方々は多く。

徹底していても、止む無く感染する場合はありますけども。

「宣言慣れ」であったり「自粛疲れ」なんて文言も飛び交う昨今。

自らを、周囲の人々を守るは、お一人お一人の意識と行動。

引き続き、皆様で一丸となりて難局を乗り切って参りましょう。

私にせよ、何曜日だろうが、何月だろうが無関係。

毎朝、いつもの道を通り。

改善の一向に見えぬ、路上のポイ捨てゴミを…

拾い集めながらの出発。

コロナ禍への対応に留まらず。

市民生活へ「あの手を用いれば」「この手も活用できないか」。

あらゆる方面の方々と連携を図り、都度、意見交換を行っては。

地域課題は当然ながら、就業環境の整備や。

困窮する人々と、そこを支援する制度がありながらも…

人々と支援策が「繋がっていない」ケースが非常に多く。

打開へ「情報へのアクセシビリティ」(情報入手のし易さ)の改善等。

「アレもコレも!」と、取り組みの全てを列挙しないまでも。

昨日より今日。今日より明日と、キチンと見える形にして行かなければ。

まだまだ行き届かぬ点ばかりで、そこは誠に申し訳ないのですが。

今日もまた。議会棟の控室にて。

朝イチに部屋の電気を点け、夜に消して帰宅の繰り返し。

兎にも角にも日々、出来る時に、出来る事を全て。の方向で。

(無論、パンクしない程度に、要所ではリフレッシュを図りながら)

ひとところにて、一所懸命に。

まだまだ。まだまだ。

投稿日 : 2021年5月29日
connect

時に…

「クロゲン」と略して口にする人も、決して少なくない。

社会問題や時代の流行など、硬軟を織り交ぜながら毎回。

1つのテーマを取り上げては、特集を組み。

火曜日から木曜日の22時から30分間、NHKより放送される。

それが、ニュース・報道番組「クローズアップ現代」です。

何故に突拍子も無く、クロ現を持ち出して来たかと申しますと。

以前から触れております通り、私はショートスリーパー。

平日に週末を問わず、おおよそ毎日「午前4時」前後に起床します。

(取り分け早い時間に就寝している訳ではございません)

そして、午前4時55分から「ニュース」関連のTV放送が始まるまで。

「この間」に、予約録画しては録りためていた同番組を観るのが。

ある種の日課にもなっていたり。で、何を言わんや?

ここ最近の同番組は、当然ながら「コロナ禍」にスポットを当て、集め。

「コロナ禍に奮闘する新人の看護婦さん」

「コロナ禍に失われる学生の学び」

「コロナ禍に困窮する家庭事情」等々。

こうした、正に“世相の反映”された、いわゆる…

リアルな世間様事情の特集テーマが続いています。

私も連日、早朝より…

時に胸が締め付けられ、時に感動を覚え、時に共鳴する。

と、言った具合で、それは何も「テレビの中の世界」だけにあらず。

私にせよ日々、市民の方々から多様なる声を頂戴するのですが。

総じて、前述と同様。

「コロナ禍における様々な諸事情の絡む問題」に関しましての。

ご相談、ご要望が多いのは間違いございません。

ついては、甚だ自己弁護の様で恐縮至極に存じますけども。

何かに遭遇しては、抱えては。

大変な思いをしていらっしゃる方を目の前にして。

私が「満面の笑み」で接する事はなくとも。

翻り、兎にも角にも「神妙な面持(おももち)」にて。

先方様を「より心配の坩堝(るつぼ)へ持ち込む」態度を取る事はなく。

生来もあれ、失礼に当たらぬよう、努めて「明るく振る舞っている」のは確か。

それは。

時に私の電話口の声かもしれない。時に当ブログの文面かもしれない。

しれませんが、世の人々の心痛へ鈍感、不感となりては。

明後日の方向を向いて軽薄、明朗に振る舞っている訳ではないので。

うぅむ。

何とも長い「自己弁護」の更新となりましたが、貫くは和顔施であって。

「景気を変える」その景気とは?

時に世の雰囲気であり、時に場の気配であり、時に未来への眺望である。

何卒、ご了承を。

m(_ _)m

投稿日 : 2021年5月26日
時に…

最近の記事