インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

諸邦の処方

週末に続き、梅雨入りを忘れさせるほどの快晴で迎えた、月曜日の朝。

7時台には議会棟で黙々とパソコンと業務に向き合いながら、一息入れて。

日課である新聞全紙(各紙)に目を通していたらば、今朝にしても時節柄。

多くの特集が組まれては紙面上、高頻度に登場して来るワードが?

やはり「ワクチン接種」でした。

日経新聞では、自社による世論調査結果が報じられており。

コロナのワクチン接種計画について、72%の人々が…

「順調だと思わない」と回答。

海外と比較して、接種が遅れている原因を複数回答で聞いたところ…

「国の準備不足」が、77%で最も多かった。等々。

ならばと、ワクチン接種について「海外と比較」した記事について触れれば。

この度の産経新聞掲載、「特派員が見たワクチン接種 世界の状況は」。

コチラの特集がひときわ目を引いたのですが、内容は。

同紙の特派員が「世界各地のワクチン事情」を現地リポートしたモノで。

まず「主要国で1回以上ワクチン接種を受けた人の割合」は?

(各国に関する「割合の集計時点」に数日間の差異アリ)

英国56.88%。米国49.55%。シンガポール36.11%。

フランス35.74%。ロシア11.12%。韓国9.14%。

世界平均が10.36%で、日本が6.41%であると。うぅむ。実際に。

先述、日経の「順調だと思わない」国民の回答を裏づける現況にありますが。

各国の現地リポによると、例えば米国。

通常、予防接種は薬剤師が行っているので、グーグルマップにて。

「ワクチン接種会場」を検索すると、ずらりと…

数多くの‟ドラッグストア”が表示され。

処方箋を受け取るカウンターで、買い物客から丸見えの状況であろうと。

薬剤師より、手早く素早くワクチン接種がなされるそうで。

他方、病院などの接種会場にせよ「予約不要」が非常に増えては。

(そう言えばNYのマンハッタンでは、その場で観光客にも接種していたり)

同様、予約なしで接種できる「ワクチンバス」が各所を走っていたりも。

シンガポールでは、ワクチン接種の結果をサイトで閲覧でき。

ダウンロードも可能など、IT大国らしく一連の接種が…

「オンラインで管理されている」と。

また、接種割合で上位を快走する英国のロンドンでは。

「1回目のワクチン接種の予約は必要ありません」の張り紙が病院に掲示され。

接種に必要となる様々な情報は(登録を済ませれば)一元管理してあるので。

外国人にもスムーズに情報が届き、接種を済ませられ。

他国と同様に「予約不要」の会場が増えていると。

改めて、上記の特集記事には、他にもフランスのパリや韓国のソウル。

中国の北京にロシアのモスクワ状況も報じられているなど。

まさに習慣や風俗に国家観も「ところ変われば品、変わる」通り。

しかし、ところ変わろうとも、人々の生命や健康は迅速に守らねばならず。

この期に及び「他国を羨んでは自国を蔑んでばかり」でもなりますまい。

私共にせよ、現場の声や要望は自治体へ届けながらも。

“そこから先”は、なかなかどうして介入の余地もございません。

故に、歯がゆいところなれ、諦めずに誰もが「ハチドリのひとしずく」。

では、結びに。

今回は「ワクチン接種を特集した新聞を特集」しましたので。

中国新聞に掲載されていた、非常に分かり易い…

「ワクチン接種Q&A」を此処に。

投稿日 : 2021年5月31日
諸邦の処方

最近の記事