インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

笑門来福

同種の話題ばかりを持ち出して誠に恐縮なのですが。

新サッカースタジアムに「○○が集うので、顔を出してほしい」と打診を受け。

日中、内覧会の行われているスタジアムへ足を運んでまいりました。

ちなみに、上記の「○○」とは?

いわゆる「キーパーソン」。

計画段階にあたり。建設決定にあたり。建設にあたり。運営にあたり。

等々、いずれにせよ、その時々、その分野の中心人物が一堂に会したと。

果てしなき宇宙の中で偶然にも起きた“惑星直列”みたいなモノで。

あんな実情に、こんな舞台裏まで。

たとえば仏教では?

物事が成就するためには「因」と「縁」が必要不可欠とも言われます。

つまりは、直接的な要因と、間接的な縁。(ちょっと端的に表現し過ぎですが)

そして、前述の機会では、みるみる因と縁が解き明かされていき…

「嗚呼、あの時は!?」「一方で?」「へぇ〜そうだったんですね♪」の連続。

お蔭様をもって、濃密な数時間に身を浸らせることが叶いました。

楽しかったな。

以前も当ブログに触れました通り、あくまで「私の場合」となりますけども。

都心部への新スタ実現を目指した“過去17年間”に留まらず…

その前段(キッカケ)が厳然と存在するわけで。

NYやトロント時代に4大プロスポーツの興行(試合)に通い詰め。

(ロックフェラーセンターのスケートリンクも、ある意味で別世界♪)

(25歳当時の若い私も、ある意味で別人物♪)

老若男女を問わず、日常の良し悪しことを全て忘れ、その…

有限なる時を満喫する「スポーツ空間」の素晴らしさに魅せられ。

「こうした音、照明、アナウンス、企画、ギミック(特殊効果)等々を用いて…」

「日本でもスポーツをショーアップしたい!」と思いついたのが活動の原点であり。

重ねて、我がマザータウン「広島市」。

“負の遺産”の対面(といめん:真向い)に現世の“生を謳歌する”場を対比させ。

ストーリーのある連続性と普遍性に伴った国際平和文化都市を築きたいと。

でもでも。

この辺り、幸いかな冒頭のキーパーソンは偶然にも皆が共有しており。

おっと。必然だった?

いずれにせよ。

かつての“男くさい”大井競馬場が…

トゥインクルレース(ナイター競馬)やイルミネーションで女性の誘客を図ったように。

かつての“男性客が汁だく特盛をガッつく”牛丼店が…

店内を明るめに(もしくはシックに)リニューアルして女性客比率を上げたように。

他方。

NYのブロードウェイにせよ「ミュージカルが熱烈に好きな人々」ばかりが…

こぞってチケットを購入しては、シアターに足を運んでいるわけでなし。

エンターテイメントでは“門戸を広く”保っておくことって非常に重要で。

(かと言い、ターゲットやトレンドを追い続けたり安直に迎合してはならず)

いずれにいたしましても。

広島の新スタジアムは?

サッカーが。スポーツが好きな人だけの「夢の器」ではございません。

非常に広く、どなたにも手を広げている。まさに…

都市としての“平和への心持ち”を具現化しています♪

過去に、サンフレが広島市民「約1,000人」にアンケート調査をしたところ。

その半数は、広域公園でのサンフレ観戦経験が「ゼロ」でした。

統計学から言って、サンプルが千もあれば、これが1万、100万人となっても。

その割合が「8対2」などに激変するこたぁ、おおよそございません。

何を言わんや?

伸びしろ十分!

駄目だ。

仕事の合間、つい気分転換にブログを綴ろうと思ったらば?

ネタがネタだけに、ついつい長文に…(笑)

結びに、ちょっと憎まれ口を、謹んで叩かせていただきますと。

広島の「政治家」って、市・県・国を問わず。

また、別に「どなた」と限定するでなく。

どこか、「陰」と「陽」でいうところ、「陰」が多いと思われませんでしょうか?

暗いよ。表情が。言動が。

イカン。この辺りに触れ始めると、あと数本はブログが書けてしまう。自重。

政治が届けるべきは、「実」は勿論。

「希望」「ワクワク感」「温かみ」等々。

むしろ、そちらの方が重要なのです。繰り返しますけども“政治家”は。

「実」の部分は、優秀な実働隊(役人さん)が動くのですから。

私だったら、この新スタジアム開業(開場)のアナウンス(発表)を…

現行の12倍くらいは盛り上げたんだけどな。

言うまいぞ。

「正」と「負」の感情でいうところ、「負」の感情は。

せっかくの“ホクホクとした光景”を棄損させかねませんので。

Isn’t it?(でしょ?)

投稿日 : 2024年2月04日
笑門来福

月別表示

最近の記事