インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

landing

何日前だったか、よく憶えていないのですが、ある新聞の朝刊にて。

私の書棚にも並ぶ、向田邦子さんのエッセイが触れられていました。

“その時の記事と印象”が、どこかに残っていたのだろうと思われる…

先だっての、自民党・総裁選。

まずもって、向田邦子さんのエッセイ「父の詫び状」〜お辞儀〜では。

祖母が亡くなられた通夜の晩、突然玄関の方でざわめきが起き。

「社長がお見えになった」との声がするやいなや。

棺のそばに座っていた邦子さんのお父様が、周囲の客を蹴散らす様に…

玄関へ飛んで行き、初老の人(社長)に深々とお辞儀をされ。

それは卑屈とも思えるお辞儀であったと。

物心ついた時から、お父様は常に威張り、家族をどなる暴君ぶり。

地方支店長との肩書もあって、パリっとした背広を着こなす。

そんなお父様が初めて娘(邦子さん)に見せる姿が兎に角、目に残り。

邦子さんは曰く。

「私達に見せないところで、父はこの姿で戦ってきたのだ」。

「八つ当たりの感じで飛んで来きたゲンコツをも許そうと思った」。

「私は今でもこの夜の父の姿を思うと…」

「胸の中でうずくものがある」と。

で、話を総裁選へ戻しますけども。

地元広島からの総裁誕生に沸く、広島市内の…

ホテルの模様がテレビに映し出されます。

そこには、同じ会派の先輩議員をはじめ、多くの馴染みの顔が並び。

始まるは、後援者による万歳の三唱。

どなたも屈託のない笑顔を浮かべては心底、喜んでいらっしゃり。

そこで、私は僭越ながらも。

どこか「あの日」の向田邦子さんと同じ?心境に。

「政党政治に毀誉褒貶はつきものではありますが」

(きよほうへん:褒められたり、悪口を言われたり)

「党に属する議員さんは議員さんで、しがらみや付き合いに、etc」

「そんな中で、誠に多くを背負って日々、活動をされている」

「属する政党も無ければ後援会や支援団体すら存在しない私は、私で」

「選挙の時など、不安と恐怖しかありませんが、一方で」

「どなたにも縛られず、咎められず、自らで適否を選び、判断を下し」

「平素より奔放に舵取りが行えるわけで」

(此処に関しては、有権者の方々に感謝しかございません)

「政党に無政党、どちらの議員であろうとメリットにデメリットはあるにせよ」

「自民党の議員さんは、こうして連綿と…」

「力強く結託しては生き抜いていらっしゃる」「やはり大したもんだな」と。

非常に素直に、率直に。

感心させられた次第です。うむ。

結びに、慰めも込めて、ふと思い浮かんだ言葉が…

みんなちがって、みんないい。

取り敢えず、本日。私が見出した着地点は。

向田さんから、金子みすゞさんの世界へ。

投稿日 : 2021年10月1日
landing

最近の記事