インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

研鑽

単なるスポーツ界の話題に留まらず。

一つの“社会現象”にまで及んでおりますので。

このコロナ禍にあって、誠に恐縮ながら。

否、このコロナ禍だからこそ、前号に引き続き。

取り上げたるは、メジャーリーガー「大谷翔平」選手。

今朝も海の向こう。夢の祭典「オールスターゲーム」にて。

アメリカン・リーグの先頭打者と先発ピッチャーを務め。

「メジャーリーガーが憧れる日本人プレーヤー」として。

更にキュッキュッと磨きのかかった大谷選手ですけども。

私、大袈裟ながら事実、大谷選手に「救われた」事があり。

What’s that? それは何か?と問われたらば。

以前より当ブログでも触れておりますが。

毎朝、自転車での道すがら、通行量の多い幹線道路上へ…

(高頻度に)「ゴミがポイ捨て」されていて、しかも写真の通り。

複数人の犯行で、かつ悪質性が高く。

(バイクや原付の走行する「2輪レーン」の上で非常に危険)

これまた、10年以上も前から当ブログでも触れている通り。

「目の前のゴミ一つ拾えぬ者に、何が出来るのか?」

とのサンフレッチェ・ユースの訓えが…

ユースに所属すらした事の無い私の胸に未だ、刻まれていて。

かれこれ1年以上、上記の様に朝からゴミを収集する日々。

実際に、役所や警察の協力を仰いでも、状況は今日まで変わらず。

かつ。

聖人君子でも無い私は、決して笑顔でゴミを拾えていないわけで。

その理由は何より「他者(通行車両)の危険を顧みない愚行」への憤り。

「だったら拾うなよ」って突っ込みも入りそうですが、私がゴミを拾う場所は?

この場所に限りませんし、危険因子を放置。見て見ぬフリは。うぅむ。

そんな折。

大谷選手がグランド上の「ゴミを拾う」行為は、既に周知され有名ながら。

(今朝のオールスター時もブルペンからベンチへ向かう際に拾っていましたね)

その「ゴミを拾う」理由とは?

コチラの書籍でも紹介されておりますが…

「他人がポイっと捨てた運を拾っているんです」と。

いやいや。どうでしょう。

それを知った私は、率直に衝撃と感銘を受けました。

「なんて素敵な感受性(から発せられる言葉)なんだ!」って。

無論、他人の運を集めては自らの運気を上げる、なんて損得勘定に無く。

ふと。私も中学校のトイレ掃除へ定期的にお手伝いに行っていた時期。

(現在はコロナ禍で中断)

訓えて頂いた言葉を思い出しました。

「凡事徹底」(ぼんじてってい)。

平凡、当たり前の事を、徹底して突き詰める行為。

突き詰める、極める、と言うよりは…

「実践する」と表現した方がフィットする感じも致しますが。

話は戻り、大谷選手の言葉を知ってから、その後。

「朝の日課ともなったゴミ拾いが、全く苦ではないんですよ♪」

なんて、劇的な心境の変化は訪れぬとも。

心の負荷が飛躍的に軽減されたのは、特筆するまでもございません。

さて。コロナ禍のスポーツ特集、名言篇。

折角なので、結びに。

近年のスポーツ界に於いて、私の最も「お気に入り」の言葉をご紹介。

From 写真の人物です。

そう。日本の女子サッカー界を長きにわたり牽引されたレジェンド。

元日本代表の「澤穂希」(さわ・ほまれ)さんが、チームメイトへ発した…

「苦しい時は、私の背中を見なさい」。

えぇっと。

大感動モノですよね。

翻り、政界の中を見回してみますと、そうしたリーダーの背中が。

近くにも、遠くにも、なかなか…

言うまいぞ。

他人や環境、周囲や時代のせいじゃない。

自らを。引き続き、自らを。

投稿日 : 2021年7月14日
研鑽

最近の記事