インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

いっぽう

とかく暗いニュースが多い昨今、嬉しい一報が入って参りました!

広島出身のスプリンター、山縣選手が「9秒95」の日本新を記録!

顧みれば。

相次ぐケガに苦しみ、疾病に悩まされ、立ちはだかるは10秒の壁。

重ねれば。

コーチをつけない独自の貫いて来たスタイルを変え、助言を仰ぎ。

筋力トレーニングの手法、呼吸法、そして根幹のフォームまでも変え。

柔和な表情に内なる情熱、闘争心を秘めた「走る哲学者」が。

努力と苦悩の日々、その末に打ち出し、破った10秒の壁。

確かに。

「大阪なおみ選手が4大大会を制覇!」

「ゴルフの松山選手が歴史的な偉業を達成!」

こうした選手の活躍も偽りなく「嬉しく」感じながら、山縣選手の場合?

たかだが数年前に、スポーツイベントでご一緒したからと言い…

「知り合いなんです」「彼と他者とでは思いれが違う」「非常に嬉しいね」

なんて、取って付けた具合に言葉を並べるつもりは毛頭なく。

ただ単に。

今年の秋には早いモノで50歳を迎える私は、未だ。

スポーツする上で「少しでも早く走りたく」「俊敏に動きたく」。

山縣選手のランニングフォームやサニブラウン選手のアメリカでの練習法。

この辺りを、昔から経年で「チェック&自らも試行」していた背景があり。

(どうでも良いプライベートの切り売りで恐縮至極ですが)

日曜日、帰宅後の一報には率直に、心から歓喜、感激した次第です。

「変化をしない先に自己ベストはない」。(山縣選手談)

うむ。一法の探求者の。けだし至言なり。

さて。唐突に話題は変わりますが、多様なる一報で申せば、一方。

このコロナ禍の折、生活面や就労面で不安を抱える女性は非常に多く。

問題が、より深刻化する昨今。改めて、ここに。

明日(8日)から実施されるサポート、その内容をご紹介させて頂きます。

実施期間は、およそ3カ月間となりますので。

何卒、情報の共有を。

m(_ _)m

投稿日 : 2021年6月07日
いっぽう

最近の記事