インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

activate(起動)

唐突ながら、現代は。

「2人に1人が、がんになる時代」と言われて久しく。

不穏当ながら、現実的に周囲を見渡したらば、誰もが身近に。

何らかの形で「がん」と関係する人々がいらっしゃるかと存じます。

そして、私もご多分に漏れずで、近親者が現在、闘病中。

モノの姿、形は「像」(ぞう)と形容され。

像を想ってこその力を、人々は「想像力」と言いますけども。

平素より、己の想像力の何と貧困な事か。嘆かわしいな。

“過去の経験則”を持ち出せば、十数年前。

妻が妊娠して「はじめて」街頭に行き来する妊婦さんが…

「こんなにも多かったのか」と気づかされた事が、かくも懐かしく。

それまでも勿論、事ある毎に「視野」には入っていたのでしょうが。

当時、結局は。

妊婦さんの存在が「留まって」いなかった事実を思い知ったりと。

こうした事例は後を絶たず、先述の「がん」にしても然り。

日々の暮らしの中で「がん」との病名、文言や活字が耳目に入りながら。

改めて顧みれば、どこか“他人事”だった感は否めず。

(補足まで、がん患者さん関連の催しには昔から継続して参加、協力していながら)

ひとたび、近親者が「病名を告げられた」後に。

鼻から徹底して情報へのアクセスを開始する始末で。

さすれば、昨今。

国立がん研究センターより初めて公表された…

「がんの10年生存率」、こうしたニュースにもフックが掛かったりで。

ちなみに、暗い身の上話を展開しているにあらず。

前向きに、誰彼に限らず「互いに支え合えれば」の話をしておりまして。

私なんぞ、とは別に。

各所でも多く人々が多様なる発信をされていたりも。

無論、がんに止(とど)まらず。

嗚呼。起動しては世の万有(ばんゆう)へ、今一度。

巡らしたいかな、想像力。

本日も朝の現場から夜の現場まで、自転車を数十キロほど走らせ…

駆け巡りながら、行動しながらも自問自答しながら。

ふう。

エナジーを注ぎ、尽くさねば。ね。

投稿日 : 2021年6月02日
activate(起動)

最近の記事