インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

新年度へ突入、その前に…

調べ物があり、しかしネットで検索しても分からないので、久々に。

約40日の日程(定例会・委員会等)で朝から晩まで缶詰め状態となりて。

しばし、足を運べていなかった、繁華街に位置する…

“品ぞろえ豊富な書店”を午前中から訪ねてみる事に。

さすれば、学生さんの春休みの影響なのか?

普段10時前であれば「空き」の多く見られる駐輪場も、殆どが埋まり。

しかし、ズラリと並ぶ自転車の駐車列、その一角には“虫食い”の様な感じで…

数台が停められる状況にあり、「自転車を手押し」しながら、歩み寄る。

すると。

駐輪場の車列前で、お子様を2人、自転車に「乗せている?」もしくは。

自転車から「降ろしている?」お母様がいらっしゃったのですが、開口一番!?

「そこに停めようと思ってるんですけど!」

えぇっと。うぅむ。

私は、勿論。

お母様の姿を事前、確認していれば、もしも1台分しか空いてなければ?

そこへ割り込む人間ではございません。むしろ、喜んで譲るタイプ。

ただ「コレから利用するのか?」「利用が済んだのか?」は分からずとも。

複数台の駐車が可能だったが故に、その辺りへ停めようとアプローチした訳で。

さて。そんな日常の一コマを敢えて書き綴った私などは。

上記の「お母様」に対して憤慨、気分を害しているのではありません。

駆け回る世代のお子様を2人連れて、買い物すら大変であろう婦人より…

不意に浴びせられた言葉へ対して、一瞬ながら「ムカっ!」としてしまった。

そんな「自分」が非常に恥ずかしく。

また「嗚呼、不寛容なれ自分」と、複雑な心境に陥り。

イケませんね。

心の潤い?なのか。ゆとり?なのか。日々の影響?なのか。何?なのか。

対面する“他者”たるや、それは自らを反映、映し出す「鏡」であって。

「自らが〇〇であれば、他者も同様、〇〇に映ってしまう」モノ。

春の麗らかな空の下、曇っていたのはどうやら、黄砂のせいではないらしいと。

「眼(まなこ)と心の洗浄に努める」べく。

我、猛省なり。

そんなこんなの年度末。

そして本日は、サッカースタジアム建設にあたっての実質…

デザイン等を含めた、事業者が決定!

長かったな。本当に長かった。ここまで。

何も足さず。何も引かず。ただただ一言。

竜史、感無量。

投稿日 : 2021年3月31日
新年度へ突入、その前に…

最近の記事