インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

祝日

午前9時の議会棟にて。

毎朝の日課である、新聞各紙に目を通してのスクラップ作業をしている最中…

一面(表紙)に並ぶ日付け、「2月23日」の記載で、ふと気づかされました。

「今日が旗日(はたび:祝日)の天皇誕生日であった事は承知していながらも」

「おぉ!」「完全に失念していたが」「私の父の誕生日でもあったんだ!」と。

ちなみに、父は健在であり、しかも毎年。

誕生日にはプレゼントを渡すなど、何らかの形で祝っているのですが。

何せ、毎度の事ではありますけども、ここ1カ月強くらい、私は。

まず、布団やベッドで睡眠をとった記憶が無く。

起床しては活動し、帰宅後に、いつの間にか泥の様に眠る、の繰り返しゆえ。

「より計画的に暮らさなければ」と分かっていながら。

「朝だ!今日も出発!」と、より反射的な暮らしに拍車が掛かっており。

話は冒頭に戻りますけども、新聞を見て“父の誕生日”に気がついた次第。

しかし、なんの偶然でしょう。

今日は自らのリュックとは別に、肩から提げるだけで…

「上半身を持って行かれてしまう」重さのスポーツバッグを抱えていて。

プライベートな話の羅列となりて、誠に恐縮なれ。

私と丁度、年の差が「30」なので、今日をもって79から80歳になる父は。

先に「健在」と表記した通り、異様に若く、肌艶も良く。

ここまで健康体を武器に、世をガムシャラに渡って来た人物ではありますが。

今現在は年相応に?病を抱えてしまい、入院しての闘病中にあります。

また、投薬(治療)によって、かなりの負担が心身ともに掛かるみたいで。

「何とか元気づけたい」と。「ならば父の大好きな読書を通じて応援だ」と。

つきましては。

「スラムダンク」「ワンピース」そして最新刊が出たばかりの「宇宙兄弟」を購入後。

スポーツバッグに、詰められるだけ詰め込んでは「夕方にでも届けよう」と考え。

今朝も出勤していたので。丁度、良かった。誕生日に。

しかも、私の「コミックを届ける」アクションには序章があって、父の入院時。

「音楽と読書を、こよなく愛する父だが病室にて大きな音で音楽は流せない」

「何か両立させる手法はないか?」

「そうだ!音楽の漫画だ!」と思い立ち、ネットで徹底して検索したらば?

なんでもジャズに魅了された主役が織りなすストーリー。

高評価の連続投稿を飾る「BLUE GIANT」に巡り合い購入、父に届けたところ…

案の定、父の琴線に触れ、ハートを鷲掴みする好感触。

「コレは面白いよ♪」を連呼していたそうです。ハイ。

改めて、一人の読者として、各作品の各「作者さん」へ、僭越ながら。

「作品を世に届けて下さり、誠に有り難うござます」と心から、心から感謝。

さて。私も。

自らの与えられた舞台、その世界で精一杯、描き、奏でて参る所存です。

投稿日 : 2021年2月23日
祝日