インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

コードネーム「FF」

未だ、収束の兆しが見えぬ、新型コロナウイルスの感染状況ですが。

ひとたび、迫りくる「行事」に何らかの判断を下すにしても…

自粛、中止、延期、ばかりだと、人々の気が滅入ってしまうのも事実。

そこで本日、27日(水)の14時に、広島市より…

解禁された情報を今一度、ここにご案内させて頂くとします。


《2021ひろしまフラワーフェスティバル開催骨子》

1.概要
「広島と世界を結ぶ平和の花の祭典」2021ひろしまフラワーフェスティバル(FF)は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、従来の平和大通りを活用したプログラム(パレード、ステージ・ひろば展開、申し込み希望団体の参加等)の実施を見送る。一方で、感染拡大防止の対策を施した上で、5月3日(月・祝)〜5日(水・祝)に平和記念公園での花の展開と新たに旧市民球場跡地を活用した展開を実施する。
また、SNSやオンライン配信などwebを活用して、平和記念公園での花の展開や旧市民球場跡地でのステージプログラム等を発信する。
さらに、市民や観光客に平和を表現する花をもっと楽しんでいただくため、平和大通り加え、中央通りや相生通りで花の展示を行う。このエリアを「ひろしまフラワーロード(仮称)」とし、市中心部全体を会場と捉えて周遊を促進する企画を実施する。

2.会場・日程等
(1)平和記念公園及び旧市民球場跡地会場
■開催期間 5月3日(月・祝)〜5日(水・祝)
■主 会 場 平和記念公園・旧市民球場跡地
■概 要
〇平和記念公園
 @ピースフラワープロジェクト花育で育てた花鉢を平和公園芝生等に装飾展示する。
 A花の塔を製作し、展示する。
 B平和記念資料館周辺に新たに花のモニュメントを製作し、展示する。
〇旧市民球場跡地
 @ステージ及びひろば展開 ※参加団体の募集は見送る
 Awebを活用した情報発信

(2)ひろしまフラワーロード(仮称)会場
■開催期間 5月3日(月・祝)〜5日(水・祝)
          ※下記「花の展示」は、上記期間の前後も行う
■主 会 場 平和大通りほか、市内中心部全体
■概 要
〇花の展示
 花の展示にあたっては、エリア(通り)毎の特性を踏まえた協働による手法を取り入れ、市民参加型の取り組みを行う。
〇並木通りシェアテラス
 並木通り商店街で取り組んでいるシェアテラスと連携し、沿道の各種店舗の店先(歩道)を活用した出店を展開する。

3.参加団体の募集について
2021FFは平和大通りを活用した従来の展開を見送るため、例年実施しているパレード等への参加団体の募集は行わない。2021FFに出演できない団体については動画やメッセージ等を、webを活用して発信してもらう方法を検討する。

4.新型コロナウイルス感染症対策について
メイン会場となる旧市民球場跡地においては、入退場口の設置、入場時の検温、手指消毒、「広島コロナお知らせQR」の奨励など、基本的な感染防止対策を徹底する。
シェアテラス等でご協力いただく各種店舗については、各業界団体が策定した感染拡大防止ガイドラインに従った取組を遵守の上、参画していただく。
なお、今後もコロナの感染状況を注視し、広島県が定める「イベントの開催条件」等が見直された場合には、適切に対応していく。

5.その他
今後の新型コロナウイルス感染状況等が現段階では不透明な点を考慮し、本開催骨子に沿った展開を前提に必要な準備を進めるとともに、状況を勘案しながら変更等についても柔軟に対応する。

情報は以上となりますけども。

「生きるために、働いている」方々もいらっしゃれば。

「働いている結果、生きている」方々もいらっしゃり。

無論、どちらが良い悪い云々にあらず、人ぞれぞれの人生模様。

しかし、自らが長きにわたって「身を置いて」来たからこそ…

知り得る事実として、例えばイベント業界に携わる人々など。

コロナにより、相次いで現場が中止に追い込まれ、大変な状況です。

(他人事にあらず、私も業界の多くの知人と意見交換していますが)

そうした方々の「中止となった現場」にキチンと補償、支援がなされ。

なんとか困窮する業界の今を、窮地を、皆で乗り切れれば。

とは私も切に感じ、微力ながら色々と動かせては頂いております。

けども。

業界内、多くの方々は、単にお金が補償されれば良い、のではなく。

やはり「現場」が心底、好きで。

そこで汗をかく、あの雰囲気、あの空間を愛していらっしゃる。

故に。

政治からのアプローチとして、コロナ禍にあっての補償、各種の支援も…

まず「現場を発注する」(業界にカンフル剤を打つ)が、言わずもがな最善策。

ただし、多くの人々が集まる結果となれば、そこは?

積み上げて来た感染防止策を瓦解させてしまう、言わば本末転倒となりて。

うぅむ。難しいですね。

そんな最中、本市も「花の祭典」を、直ぐに中止へ持って行くのではなく。

なんとか「開催」の方向を模索、取り組まれている姿勢には…

私も心から賛意を示すモノで、更に願わくば。

感染の拡大と反比例して。

「花の輪」を来たる5月の時期に、より広げる事が叶えば、コレ幸い。

繰り返しとなれ「1日の感染者数」が多少は減少して来たからと言い。

まだまだ予断も油断も許されません。

引き続き、皆様で一緒に、同じ時代、同じ地域に住むチームメイトとして。

心を一(いつ)に、上を向いて。

投稿日 : 2021年1月27日
コードネーム「FF」

最近の記事