インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

帰広

1月11日(月)から13日(水)まで、二泊三日の行程となりましたが。

東京へ出向き、河井克行氏を被告人とする被告事件、公職選挙法違反の一件で。

東京地裁より召喚状が届いては、証人として出頭を求められ。

12日の15時より、法廷にて証言を行って参りました。

そして、コチラにつきましては後日、詳しく「追記」させて下さいまし。

と、申しますのも。

11日の朝から東京へ向かっては、前日や当日の打ち合わせ等々を行なった後に。

12日午後の「証言」時を迎えるのですが、その間。

少しでも空いた時間を見出しては、広島の役所や市民の方々と…

電話、ライン、メールを駆使しながら、連絡を取り合っては地域要望等に対応。

つまりは、当然ながら「日々の議員活動」を並行させており。

証言を終えた後、13日(水)の昼過ぎに広島に戻って来たのですが、直ぐ様。

食事もそこそこに議会棟へ向かい「広島を不在にしていた間」の業務に追われ。

結局は、本日の19時から開始されるオンライン会議にも出席が叶わず。

こうした連日でもあり今一度、繰り返しとなりますけども。

冒頭「東京地裁での証言」の話は改めて後日、ご報告させて下さいまし。

ついては、私が「広島不在の間」に、市民の方より。

現在、広島県が取り組んでいる新型コロナウイルスの「集中対策」に絡み。

厳しい状況下に置かれている「飲食業の動向」について。

切実なる声を訴えるご連絡、ご要望を承りました。

前述「集中対策」が県より打たれ、感染症拡大防止協力支援金が設置された際。

私も当ブログにて告知、触れさせて頂きましたけども、ココに一つ。

私どもにせよ、矢面に立たされている「飲食業界」の方々をはじめ。

そこへ並行しては。

日々、困窮する中で懸命に取り組まれる他業界の方々も含めて。

「なんらかの手立てがないか?」「出来ないか?」「打てないか?」

模索しては、かつ個別にも可能な限り対応させて頂いております。

いずれにせよ。

「県が動いているので取り急ぎ、見守ろう」なんて立場ではございません。

そこへ重ねますと。

「支援金にせよ、何故あのエリア限定なのか?」

「その線引きの根拠は?」「そのエリアから外れた店舗は?経営者は?」

「期間は?他業種は?」そもそも…

「国からのバックアップがありながら、何故こうした線引きと対策なのか?」

繰り返しとなれ私ども(市議会)としても、「県」への要望は山積状態です。

かつ、今日までも数々の声は県側へ伝えてはいます。が、誠に申し訳なくも。

言い訳、言い逃れになってしまいますが、例えば。

「よし!ならば石橋の声を聞き、案を取り入れ、拡大防止支援金のエリアを」

「即座、市域全域に拡大しては、あらゆる人々に支援金を行き渡らせ」

「そこへ伴う莫大な財源も、迅速に融通を図りましょう!了解した!」

とは、誠に、誠に申し訳なくも、簡単には行かないのが現状で。

無論、そうした現状、構造は「重々承知して頂いている」かと存じますし。

私どもにせよ、そんな中で歩みを止めるでなし「なんとか一歩、前へ」と。

「物分かりの良い大人」に甘んじる事なく、活動させて頂いております。

かつ、今宵も20時近くまで県側と色々な意見交換を行なっておりましたが。

近日中に集中対策の「再延長」等、県より新たな方向性も提示されて参ります。

そして「それ」は、十中八九。

私どもの声が存分に反映されたモノとはなりませんが、多少の前進は。

反映されているかも知れません。(勿論、されない可能性もあります)

いずれにせよ、コロナ禍に苦しむ多くの方々を…

未だ多様なる施策、制度、法整備でカバー出来ず、そこは恐縮至極に存じますけども。

絶対に「より良い未来」(改善)へ向けた環境整備を諦めてはおりませんゆえ。

引き続き、懸命に取り組んで参る所存です。

取り急ぎ、ご報告まで。

投稿日 : 2021年1月13日
帰広