インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

暁には

平素より、洗練された完成度の高いブログを書き綴っている…

訳ではありませんが、今回の話題は?

取り分け「子ども染みた内容」となっておりますので。

先に、お断りを入れておく所存です。では始めます。

何も、西高東低となる冬型の気圧配置に筋状の雲が伸び。

「記録的な大雪が見込まれる朝」などとは無関係に。

今朝も変わらず、午前4時過ぎには起床。

(補足ならぬ蛇足として、決して「就寝が早い」のではありません)

恐る恐る、カーテンを開けて窓の外を見ると…

うむ。案の定、予報の通り眼前には銀世界が広がっています。

そうなると、以前にも当ブログで触れました通り、私は「お勤め」へ。

改めて。

ご近所には「坂と橋りょう」が多く、一定の積雪の際は高頻度に。

要路が凍結しては、立ち往生する車両が頻発し。

ただでさえ交通量の多いエリアは、出勤時を迎えんとしている。

ゆえに、こうした朝は?

スコップ片手に大通りの雪を、最低限となれ、かきながら。

一袋が25sの塩化カルシウム剤(融雪剤)を、まるで…

赤ん坊の様に両腕で抱え込み、丹念に路上へ撒いては。

(限られた塩カルで路上「全体」を氷解させるは無理なので)

意図的に「スリップしない2本の轍(わだち)」を作り上げて行くと。

この作業を、早朝4時や5時台に行ったらば…

絶対的に交通量が少なく、なかなか融雪が進まないので、経験上。

6時台に、わずかな交通量を利用しながらの散布、融雪がベストで。

(タイヤの往来で飛躍的に融雪が進むゆえ)

今朝も6時台から作業を進め、徐々に空が明らみはじめ。

児童の登校時間を迎えては、見守りボランティアの方々と…

挨拶を交わしている時に、それは「起こり」(発生し)ました。

青信号になった横断歩道を、男児が寒さに背中を丸めながら横断。

私と見守り活動の男性が「おはよう」と挨拶を送り、彼もコクリと頷いて返す。

と、その時!

黒いワンボックスカーが、横断歩道に進入して来たのです!

そして、ドライバーと私の目が合う!

本当に刹那、そんな瞬時の判断であり分析、行動でした。

路面の凍結で車が止まらない(間に合わない)のは確実で。

絶対に「彼が轢かれてしまう」タイミングです。

しかし、あらゆる手立ては、明白に間に合わない。

近年を振り返っても「この時」ほど、ドキっとした記憶はなく。

「この時」ほど、大声を張り上げた事もありません。

「うぉおぉぉあぁぁぁぶなぁぁあいぃぃぃっ!」(ウオオー!危ない!)

それは獣が吠え猛る、まさに「咆哮」(ほうこう)そのものでした。

下を向いていた男児が、ふと立ち止まり、コチラへ視線を送った…

と同時に、彼の鼻先を車両が通過して行ったのです。

もう「安堵」なんて感情にあらず、心底、心底、ホっと。

無謀運転への怒り、それ以上に。

ふう〜。

コチラが見守りの男性と共に、ヘタリ込んでしまう始末。

決して誇張するでなし「一人の命」とまでは申しませぬが。

いつもの早起きで、一つの「事故」が未然に防げた、そんな…

25kgの何枚もの袋が、汗だくの結果、空となり。

帰宅してはシャワーを浴びて。

即座9時には出勤した、までの朝のストーリー。

地域が、地域を傷つけるにあらず、引き続き。

地域で、地域を守って参りましょう。

投稿日 : 2021年1月08日
暁には