インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

持場

『安倍首相 辞任』のニュースが世を駆け巡りました。

辞意を表明された、その主たる理由としては、8月上旬に持病が再発し。

「病気と治療を抱えて体力が万全ではない中、政治判断を誤ることがあってはならない」

「国民の負託に自信を持って応えられる状態でなくなった以上は」

「総理大臣の地位にあり続けるべきではないと判断した」と、ご説明をされた通りで。

他方、日経新聞の記事を一部、引用するならば…

「首相辞任の情報が伝わった28日午後2時すぎ、日経平均株価は一時」

「前日比で614円下がった」「28日の株価の下落は裏を返せば」

「市場が首相の経済政策に一定の評価を与えていたことになる」と。

無論、経済面における金目の功罪にばかり着目する訳ではないのですが。

首相として、連続在職日数では歴代最長を記録しては。

第2次内閣発足後の政権運営が7年8カ月にも及ぶなど、毀誉褒貶はあれ。

あの1年毎に首相が交代劇を演じる混迷、混沌とした一時代に終止符を打ち。

「日本国の首相は安倍晋三」

との場景が、国の内外でも違和感なく定型化していたのは事実であり。

いずれにせよ、このコロナ禍にあって「政治の空白」は避けなければなりません。

問われるは、如何なる“体制”が早急に確立されるのか?

そこで補足までに『今後の主な政治日程』に目を向けて参りますと。

来月、9月14日前後に衆参両院本会議を開き「首相指名選挙」を16日に行う方向で調整。

10月末以降に「臨時国会」を召集?

11月3日には日本国にも多大なる影響を及ぼす「米国大統領選」。

来年(2021年)に入り1月「通常国会」の召集。

7月23日に「東京五輪」の開幕(予定)。

そこまで解散が無ければ10月21日に「衆院議員の任期満了」を迎えると。

果たして、どなたが新たなリーダーに!?

と、国政が俄然、色めき立って参りましたけども、私などは。

この月曜〜金曜と同様、土曜日も朝から議会棟へ自転車で向かい。

また道中、毎度の事ではありますけども。

外出時に私の頭の中では常に、そして昔から…

「足元のゴミひとつ拾えぬほどの人間に、何ができましょうか」

との訓えがループしておりますゆえ、視覚に飛び込んで来た“大きな”ゴミは。

自転車を漕ぎ進める、その行く道すがら、ついつい拾い集めてしまいます。

ちなみに写真は「ゴミ袋に入ったゴミ」を拾い上げて自転車のカゴに入れたのではなく。

道に舞うゴミ袋を拾い、その中へ雑誌や軍手、食品パックなどのゴミを拾い集めたモノ。

ペットボトルは道路上に捨てられていた物なので、全てペチャンコですが。

お願いです。危険ですので道路上へのゴミの投げ捨て、ポイ捨てはやめましょう。

っと、話は脱線してしまいましたが、私ごとき浅学菲才の人間は、目の前の事から。

一つ一つ積み重ね、出来る事から先ずはコツコツと。

投稿日 : 2020年8月29日
持場