インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

かれこれ40年以上、生粋の…

「ようやく」の一語に尽きますけども。

スポーツ界に於いて、海の向こうに目をやりますと?

欧州のサッカー主要リーグの中でも一足早く、他国に先駆けて。

ドイツの「ブンデスリーガ」が約2ヶ月ぶりに再開いたしました!

まずは、リーグ再開までに。

選手は「週に2回」のPCR検査が義務づけられ。

また、日本のJリーグなどは通常。

監督や選手が試合「前日」にホテルへ入り、宿泊した後に…

「当日」は皆で会場へ移動して試合を迎える事になりますけども。

この度、ドイツの場合は?

「1週間前」から、選手がホテルへ完全に隔離されるなど。

周到に周囲、社会との接触を避ける徹底ぶりで。

試合当日は「当然ながら」と言う表現を用いるは悲しくも、無観客。

重ねて、スタジアムに入る選手、スタッフも約300人に限定され。 

他に、1試合中の「交代枠」を、通常の3人から5人へ拡大。

「得点を決めた後」も、ついつい選手間で熱い抱擁を交わしたいところ。

抱き合ったり、手と手を叩き合うハイタッチ等は禁止、等々。

様々な「限定・厳格ルール」が新たに設定されてのリーグ再開でした。

個人的には、キックオフを迎える直前も、普通…

両チームの選手がBGMと共に整列してはピッチへ登場して参りますが。

今回など、みんなが個々にバラバラで登場しては、ポジションへ就く。

そんな、どこかアマチュアサッカーっぽい雰囲気が新鮮であったりも。

いずれにせよ「無観客試合」であっても、試合の模様は広く配信されており。

ファン・サポーターが「再開されたリーグ」の映像を追いながら…

一喜一憂する光景は、ともて羨ましく。

一方、国内でも相応の状況に環境、準備が整わなければなりませんけども。

Jリーグやプロ野球の再開が心底、待ち望まれますね。

日常が奪われて、改めて気づかされてしまうは、自らが。

ここまで「スポーツ観戦」が好きだった事実。なんたって生粋なモノで。

うぅむ。

現場は、もっと辛いのでしょうから。焦らない。焦らない。ふぅ。

投稿日 : 2020年5月17日
かれこれ40年以上、生粋の…