インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

友より、便りのないのは?

週末を明けての月曜日。

ある事柄が終わった後、なお及ぼされる影響を「余波」と言いますが。

新型コロナウイルス関連で申せば。

終わった、沈静化したにあらず「最中」とも言える今現在。

誠に残念ではありますけども、1977年の開始以来、初めて…

「フラワーフェスティバルの中止」。

その一報が、市の担当課(実行委員会)から入って参りました。

(SNS上では既に、同話題の書き込みが飛び交っておりますけども)

昨年もGW時の開催3日間で、約170万人が集い、賑わうなど。

多くの人々(運営・出演等)が携わり。

同じく、多くの人々が心待ちにしていたビッグイベントだけに。

あくまで個人的な感情としては、「中止」の現実も、さる事ながら。

薄々は人々が「その方向性」を感じ取ってはいた、であろうところへ。

結局は正式に(中止)「決定」となり、そこから派生する人々の…

「嗚呼、残念でならない」との落胆ぶり、その抱かれる感情が…

(あらゆる関係者込み)

大気を通じ、ひしひしと伝わって来ては、そこが…

同じ時、同じ都市に暮らす私なんぞにせよ、非常に辛く、胸が痛く。

集団感染のリスクに、地域の医療提供体制を守る観点からも。

「致し方ない」と誰もが弁(わきま)えてはいるモノの。うぅむ。

そんな自らの感情は別にせよ、改めて私の周囲には?

イベント会社や制作・広告会社で働く友人知人が多く存在し。

当然ながら、決して“他人(ひと)事”の意味でなく、率直に。

春先の書入時、イベント繁忙期に相次ぐ、催事の中止、延期が続き…

「果たして、みんな大丈夫なのだろうか?」と心底、心配にもなります。

現在も国による“資金繰りの支援”等の相談窓口が設置されては。

当該事業者をフォローするメニューも整備されつつ、ありますけども。

結局は困窮する折に「借りては返す」負債の義務が更に生じる訳で。

地方としては、国からのお達しに右往左往する、受け身の状態が続き。

そこは、もどかしくもあるのですが。

補足までに、経済産業省の特設HPでは、支援策に関する情報や。

また、支援策をまとめたパンフレットも掲載、公開中ですので。

「経済産業省 新型コロナウイルス感染症関連」

コチラのワードで検索して頂ければ、様々な情報が閲覧できます。

世界的なパンデミックを、何とか皆で力を合わせ、乗り切らねば。

一方、公共の電波上では気丈に振る舞う“喋り手の仲間”にしても。

みんな大丈夫なのかな?

何が出来る訳でなくとも「繋がっている」は大事で。

連絡してみると致します。

投稿日 : 2020年3月23日
友より、便りのないのは?