インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

都市型&広島型スポーツ♪

この土日は。

現在、会期中である予算特別委員会の「休会日」となりますけども。

私共としては「休会」であっても「休日」ではありませんので。

この土日も。

議会棟にて、様々な業務に従事しております。

そんな私のデスクの上には、市民局スポーツ振興課からの通知文が。

表題は「FISE HIROSHIMA 2020 開催の延期について」。

Oh boy.(和訳:嗚呼、なんてことだろう)

“新型コロナの感染”拡大の折、また「中止」にあらず「延期」であり。

重ねて「競技と観客が一体になってこそ」の大会であって…

多くの観客を呼び込む訳にも行かず「致し方ない」のは、当然。

「1日も早い事態の収束」と共に、改めての無事「開催」を。

心よりご祈念申し上げます。

そこで、折角の機会ですし、改めてココに「FISE」を取り上げてみますと。

今年で「3回目」を迎える同広島大会ではありますけども。(延期決定)

過去2回の会場は「旧広島市民球場跡地」で開催され。

昨年は国内外から「約10万3000人」の来場がありました。

(※私は昨年も3日連続で会場に足を運んだ同大会の大ファン♪)

そして今年の場合、旧市民球場跡地が「花博」で使用される為。

会場は「中央公園広場」と「県立総合体育館」を使用する予定であり。

(今年は当初「4月3日〜5日の開催予定」でした)

「また違った雰囲気になるのでは?」と、私も期待を寄せていた次第で。

何より、こうした国際的にも大きなアーバンスポーツの大会が…

この広島で開催される“経緯”を振り返ったらば。

2月9日「読売新聞の朝刊」に、ある記事が掲載されていたので、ご紹介を。

IOC委員であり、日本アーバンスポーツ支援協議会の会長でもある…

「渡辺守成(もりなり)さん」(60)のインタビュー記事となります。 

日本へFISEの大会を誘致、持って来るにあたり、当初は?

「関東各地に同大会の開催話を持ち掛けたが」

「参加選手がピアスを付けたり、タトゥーを入れているなど」

「不良のイメージが先行しては、全てオファーを断られてしまった」

「しかし広島へ打診したところ、二つ返事で“快諾”してくれ」

「平和文化都市を標榜する広島での開催は、世界の反応も良く」

「アーバンスポーツの発展に繋がった」と、述懐されております。

つまりは「多様なる人々を包摂する」広島の、広島たる所以の象徴。

そんな典型例と言える国際大会が、この「FISE」でもあると。

ちなみに、FISEでは7種目の競技が行われますけども、その一つ。

例えば「スケートボード」を取り上げてみても、現在は?

日本国内でも、男女ともに「世界トップクラス」の選手が育ち。

正式種目に採用された東京五輪でも「金メダル」の最有力候補として…

日本人選手の名前が幾人も挙げられているなど。

日本の新たな「お家芸」としても、非常に期待が高まっている昨今。

ピアスをしてはダボダボのパンツを履いた“広島出身”の選手が…

近い将来、メダリストに輝く。

そんな時代の到来も、決して夢ではないかもしれません。

大事に皆さんで一緒に育んで行きたいかな「FISE広島大会」。

この度は「延期」となりましたけども。

「代替の開催日」は、3月末を目途に決定、発表される予定です。

Don't miss it!

投稿日 : 2020年3月15日
都市型&広島型スポーツ♪