インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

Heart warming(温かくなる心)

誠に恐縮の極みながら、久々に「サプライズ・ゲスト」として登場の巻。

遡る事“8年前”になりますけども、あるウェディング・パーティーにおいて。

同パーティーの幹事さんから(面識なし)突如、連絡を受け、なんでも。

「新郎新婦に内緒で、サプライズ・ゲストとして登場して頂き…」

「新郎新婦ご入場の際に、マイクを握って喋って頂けないでしょうか?」

との連絡、協力要請を頂戴いたしました。

僭越ながら、一昔前は頻繁にテレビやラジオにスポーツイベント等々。

あくまで地方レベルながら、私も世間への“露出”が非常に多く。

当時は、前述の様に「サプライズで登場して頂けませんか」とのオファーを。

定期的に各方面より受けては、繰り返しとなれ私ごときで恐縮ですが。

突如、各所に顔を出しては、都度「おぉ!石橋がやって来たぞ!」と。

有り難いかな、驚き、喜んで頂いていたモノで、その8年前にせよ。

「えっ?!私達の披露宴で石橋さんがアナウンスして下さるとは!?」

と、新郎新婦をはじめ、内緒で段取りを進めていた幹事さんにも…

「サプライズ成功」と、お喜びを頂きました。

そうした話も今や昔、近年は同様のオファーも減っていたところ。

昨年末に、先に触れた「当時の幹事さん」(女性)より連絡を頂きまして。

「いつか自分も披露宴を行う際は、石橋さんにアナウンスして欲しい」と…

常々、決めていらっしゃったそうで、この度、自身のご結婚にあたり。

「新郎新婦(自分達)のみは知りながら、ゲストの方々には内緒にして」

「私達が入場する際に突如、会場へ現れてはアナウンスして欲しい」。

とのご要望を告げられた次第です。

自らの人生における新たな門出にあたり、私のアナウンスを熱望し。

その思いを「何年もの間、温めて下さっていた」事実、を知らされ。

「感激」しない訳がありません。ハイ。

この度のウェディング・パーティーでは、同日、同時刻に地元で会議が。

しかし、そちらの会議を遅刻する事にして、オファーを快諾♪

土曜のお昼時、午前の仕事もそこそこに、パーティー会場へ馳せ参じ。

マイクを握っては「スタジアムの雰囲気を再現」とばかり、喋って来たと。

通常、様々な催しで司会をする際は、冒頭から顔を出しているので。

何万人の前で喋ろうが、そこは“慣れ”で緊張など一切しない私ながら。

サプライズ出演となると、自らの登場まで楽屋で息を殺し、静かに待機。

こうした段取りの後に「実は本日、スペシャル・ゲストをお招きしており…」

と、ご紹介されては、パーティーの途中で、いきなり列席者の前に現れる。

今一度、久々の「サプライズ」だっただけに、久々に緊張するの何のって。

また、何よりの「恐怖心」は、登場後に会場内に蔓延するかもしれぬ…

私が出て来たのは良いが「お前は一体、誰やねん?」とのリアクションです。

ホント幸いながら、今回は一応(笑)「おぉ!アイツがやって来たぞ!」と。

相応に驚き、喜んで頂けたので、私としてもホっと安堵を覚え。

改めて、新郎新婦の新たな門出に立ち会え、微力なれ協力も出来て。

短い時間でしたが、お陰様で濃密な背景の伴った現場を一つクリア♪

恐縮至極で、本当に有り難い話でありました。

その後、直ぐに会場を後にしては、地元の会議へ自転車で直行。

汗だくになりながら、続いては打って変わって。

“地域の高齢者の方々を見守る”事業の会議。

昨今、激甚化、頻発化する自然災害の際に…

「如何にして単独で避難の難しい高齢者の方々をサポートするか?」

地域包括支援センターの方々も交え、意見・情報交換等が行われ。

これまた有り難い話ですけども、出席された地域の役員さん達は?

地域を地域で守る「共助」の意識を非常に高く持っていらっしゃっては。

実際に今日までも活動して下さっており。

その「更なる確立」へ向け、有益なる時間を皆様で共有いたしました。

さて。

1月の最終週は、各特別委員会の県外視察等も舞い込むなど。

引き続き、ノンストップの日程が続きますが、出来る事から一歩一歩。

今後とも粉末になる程に、身を粉にして取り組んで参る所存です。

投稿日 : 2020年1月26日
Heart warming(温かくなる心)