インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

クリキンディ?

気がつけば「最高気温13度」と天気予報でも報じられるように。

いつの間にか「例年11月末」並みの寒気が訪れている今日この頃。

しかしながら、私などは?

昨日も午前中だけで、上着のみならず、下着まで汗ビッショリとなりて。

(勿論、運動やエクササイズではなく、仕事上の作業)

一度、上下の服装を全て着替えては、午後からもスーツで駆け回るなど。

「寒さ無縁」の日々を送り、瞬く間の週末、金曜日を迎えております♪

そこで、慌ただしき“この1週間”に…

巷間、飛び交った一連の「ニュース」を振り返ってみますと。

混迷を極める世界情勢に与ってか、ローマ教皇の来日、その揺り戻しなのか。

各社の新聞紙面には、どこか一抹の不安を喚起させるような見出しが…

「多かった」感は否めず、ココを煽る意図は全く“ありません”けども。

これより幾つかピックアップしてみると致しましょう。

「今年の出生数、急減」

『厚労省の発表によると、今年1月〜9月に生まれた子どもの数は…』

『約67万4千人と「前年」同期と比べ、5.6%の減』

『このまま行くと今年の出生数は87万〜88万人程度になる可能性があり』

『これは10年前より20万人程「少なく」1899年の統計開始以来、最少』。

さて。如何でしょうか。

極端な話を持ち出せば、あの第一次ベビーブームでは、年間に約270万人。

第二次ベビーブームでも、年間に約210万人の出生数があった日本国ですが。

1975年に200万人を割り込み、その後は減少の一途を辿っておりまして。

うぅむ。

では続いての見出しへ、「75歳以上、医療費2割、検討」。

『患者はかかった医療費を病院の窓口で支払うにあたり』

『現役世代は収入に関係なく3割を負担、また70〜74歳は原則2割』

『75歳以上は1割に抑えられているが』

(70歳以上の高齢者でも現役世代並みの所得がある人は3割負担)

『この内、現役並みの所得がない75歳以上の窓口負担について』

『70〜74歳と同じ「2割」にする調整を進めている』

(あくまで上記の方向性を検討会議の中間報告へ盛り込む“見通し”の話)

さて。如何でしょうか。

ちなみに、75歳以上にかかる費用は17年度で「約16.1兆円」に上り。

その4割を現役世代の保険料が支えているなど、負担が偏っている故に。

“現況の是正”を図ろうとするモノではありますけども。

うぅむ。

他にも、新聞各紙の紙面を、めくり続けると。

働いて一定の収入がある高齢者の厚生年金を減らす…

“在職老齢年金制度”については、昨今も議論が続けられて参りましたが。

「在職の65歳以上、年金減額基準『47万円』引き上げ見送り」

との見出しや。

かねてからIMF(国際通貨基金)が提言していた話であって。

ここ最近に“どうこう”ではなく、かつ日本政府が発した言葉ではなくとも…

「消費税30年までに15%」なんて見出しに。

第一次産業の分野でも「コメ輸出価格、最低に」「密漁対策も課題」等々。

総じて、目に飛び込んで来る文字の羅列だけでも?

先行き「不透明」な未来の空気感が満溢(まんいつ)している感は否めません。

そこへ重ねると、確かに何事も「政治」で解決できる話ではありませんが。

たとえ暗雲が立ち込めて来ようとも。

そこへ一筋の「希望の光」を照らしてこそ、政治でもあって。

地方で末席に位置する私にせよ、ハチドリの小さな口ばしで運べるのは…

わずかな一滴でありながら。

引き続き、コツコツと。コツコツと。

Never never never give up!

投稿日 : 2019年11月29日
クリキンディ?