インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

隔靴掻痒(かっかそうよう)

本日は10時より、議会の運営委員会。

続いて、各会派の幹事長会議が行われた後。

11時30分より急きょ「建設委員会」が開催されました。

今回の議題は「参考人の出席要求について」。

そこで改めて「これまでの経緯」を要約、ご説明させて頂きますと。

山陽自動車道「広島東IC」から広島高速1号線を経て。

「温品JCT」から分岐して“そのまま”JR広島駅の北口付近へ降りる…

現在、建設中の「広島高速5号線」(4km)の内。

二葉山トンネル「1.8km」を整備しなければならず、重ねて。

同トンネルの西側から「1.4km」部分と東側の「0.4km」部分は?

「トンネルを掘る工法」が違います。

続けると、西側「1.4km」部分、トンネルの頭上には民家等が存在し。

トンネルを掘る事により「沈下」しては住民へ迷惑が掛けられない為。

沈下を最小限に抑えられ、更に工期、完成も早い…

「シールド工法」を用いる事に(過去に)決定。

(現在は既に東西、双方より堀り進められております)

コチラの契約にあたり、当初、民間の工事業者側からは?

「約300億円」が必要との申し出があったのですが、結果的に?

道路公社と工事業者の間では「200億円」で契約を結び、着工。

そして、この度。

「やはり不足額が生じましたので、87.2億円の追加が必要となります」

との現実が浮上し、何も昨日今日、生じた議論にあらず。

かねてから議会でも本会議や委員会の場で…

「おかしいではないか!?」と質疑、議論が繰り返されて来たのですが。

並行して“第三者”の委員会に原因を調査して頂き、今年の3月に…

“報告書”も提出されながら、どうにも真相の究明には行きつかず。

かつ「再発の防止」へ向けても、誰を問わず理解、納得し難いので。

現況を打開すべく、しかも議員の立場としては?

平素、議会の場で“市の職員さん”としか問答が出来ませんモノで。

民・民の契約“当事者”となる…

「広島高速道路公社の職員さんに、議会へお越し頂き、お話を伺おう」。

※同公社:法律に基づき県、市の共同出資により設立された「特別法人」

こうした要望が先週、木曜日の委員会中に…

複数の議員さんから委員長(私)宛に寄せられ。

「ならば事前に各会派で、お越し頂くべきか?否か?を検討して頂き」。

「各会派で導き出された結論を持ち寄り、最終的に決定しましょう」。

との段取りを、私と副委員長が議会事務局と共に、早急に整え。

本日、11時30分の建設委員会にて議論しては、最終的に「採決」を取り。

建設委員会の委員9人中、私を除いた「8人」の賛否結果は?

※委員長は議事進行役に徹し、仮に賛否が「4対4」になった場合、はじめて賛否の意思表示が出来ます

公社の職員を招致するに「賛成3人」、「反対5人」で、結果。

「お越し頂かない、招致しない」事に、決定した次第です。

補足までに、賛否に加われなかった私としては。

私の属する会派の建設委員(議員)が「賛成」の意思を挙手で示した通り。

「公社の話を伺いたかった」のですが、そこは現実として「議会は数」。

また、多種多様なる主義・主張が交錯する世界であり。

結果は結果として、受け止めております。

しかしながら「参考人の招致」云々は別にせよ。

一連の「5号線関連」の案件につきましては、12月3日から開会する…

12月議会にて、行政側より「議案」として提出されて参りますので。

引き続き、調査、研究、審議を深めて参る所存。

とにかく、ここ数日にせよ、あまりにも目まぐるしく、慌ただしく。

各方面への連絡が後手を踏んでいたりもして、何卒、ご容赦下さいまし。

投稿日 : 2019年11月26日
隔靴掻痒(かっかそうよう)