インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

来た、見た、触れた、イニエスタ

午前中から、幾つかの地域行事にスーツで出席させて頂いた後。

即座に帰宅しては着替え、一路、向かうはエディオン・スタジアムです。

大詰めを迎えて来たJリーグではありますけども、この度のホームゲームは?

かねてより多くの集客が見込まれる、ドル箱の「対神戸戦」。

“スペインの至宝”に留まらず、世界のファン・サポーターを魅了する…

あの生ける伝説と化す名プレーヤー「イニエスタ選手」の来広に。

バックスタンドを含め…

「ここまで観客が埋め尽くすのは、いつぶりであろうか?」。

と、Eスタは「29,666人」の観客で溢れ返りました♪

私も、いつもながらのサポーターズ・シートで声援を送りながら。

周辺より漏れ聞こえて来る人々の何気ない「会話」に一つ、驚いたのは。

「イニエスタ見たさに」と、ひとくくりにすれば。

継続して戦力の強化、集客の努力を続けるクラブには申し訳なくとも。

「久々にココへ来た」とのファン、サポーターが非常に多く。

改めて「キッカケづくり」の大切さを再認識させて頂いたりも。

確かに、自らの愛するクラブが、他のクラブを負かしては頂点を極めて欲しい。

しかし、そんな他クラブや、他クラブを愛するサポーターも?

「競合他社」にあらず、言ってみれば同じ業界を支える「運命共同体」であり。

神戸の三木谷社長が、賛否の声はありながら。

世界的な選手を招へいする事により、これだけの副次効果が全国に派生。

やるもんです。

改めて話を飛躍させれば、全国的な「街づくり」にも共通して言える事なれ。

狭いエリア(国内)で足を引っ張り合い、互いに疲弊している場合にあらず。

この度は、一つの良い「ロールモデル」を実感した次第。

かつ、やはり人々はスポーツにせよ芸術にせよ「一流」を欲している事実。

(平素の試合が「一流」でない訳ではなく、Jのレベルは確実に向上中です!)

いずれにしましても、如何なる分野にせよ。

こうした体験であり体感の出来る広島市を、皆様で一緒に築いて行きたいモノ。

その“一環”とも言えますが。

会場に設置された「スタジアム建設」へ向けての寄付を集めるブースには?

引っ切り無しに、多くの人々が列をなしては、協力して下さっておりました♪

まだまだ、まだまだ。

広島市は魅力の溢れる都市になれる。

引き続き、一歩一歩、着実に。

世間を席巻しているラグビーと同様。

前へ。

投稿日 : 2019年10月06日
来た、見た、触れた、イニエスタ