インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

喋りのシームレス(継ぎ目なし)化へ

「10連休」「改元」「令和」「五月晴れ」等のワードが高頻度に飛び交う中。

気が付けば、本日は5月5日「こどもの日」を迎え。

賛否の声が聞かれた連休も、残り2日になろうとしております♪

私は相変わらず、例えばフラワーフェスティバルでも司会をさせて頂いたり。

また、議員活動を続けておりまして。

「1泊2日で〇〇へ出掛けた」なんて事はありませんけども。

しかし、平時よりは“ゆるやか”な時間が流れているので、この間に?

久々、数年ぶりに友人グループ約20人でバーベキューを満喫しては。

連日、早朝から清々しい風を切りながらジョギングに興じるなど。

「ワーク・ライフ・バランス」なんて表現は持ち出しませんが。

相応に充実した日々を送っていたりの、お蔭様。

そこで、話は前後するにせよ、先述の「司会業」について触れたらば。

私が初めて選挙に立候補させて頂いた「2011年の4月まで」は?

こうした司会業・アナウンス業が、それこそ「365日」訪れており。

その後、当選をさせて頂きながら、市議会議員は副業が許されているゆえ。

「激減」したとは言え、月に、また数カ月に「数日間」の頻度にて。

“喋りの現場”を今日までも続けている訳なんですが。

「離れてみて初めて分かる事もある」と申しましょうか。

マイクを握り、人前で喋り…

「笑いを誘う」「場を盛り上げる」「空間の一体感を築く」と。

この様な“機会”たるや、MC(司会)をしていれば、それこそ当時は?

都度「当たり前」になっておりました。(私の技能、云々は別に「機会」として)

しかしながら、ひとたび「政治」の世界、議員としての活動を通じ。

「人々を笑顔にしよう」「その時々を楽しんで頂こう」etc。

とどのつまり、おこがましい物言いとなれ「幸福感を届けよう」と思っても。

パっと冗談を発したり、道化を演じたりして何かが「好転」するモノでなし。

当然ながら「簡単」ではございません。

なので、繰り返しとなれ「即応性」と申しましょうか。

自らが喋り、ダイレクトに即座「先方様の明白なる笑顔」がキャッチできる。

そんな“司会の場”は、自らのアイデンティティなり強味を再確認しては。

立ち振る舞いを微調整、本道へ戻してくれるチューニング機能を持ち。

それは非常に有り難くも。ハイ。

ただし「司会」と「市会」を明確に区分するでなし、上手く融合を図って…

人々を幸せに、さすれば自らも幸せに♪

まだまだ暗中模索、試行錯誤、研鑽の日々は続いて行きます。

投稿日 : 2019年5月05日
喋りのシームレス(継ぎ目なし)化へ