インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

And Now,

7日の深夜に、お蔭様をもちまして今回の選挙で当選をさせて頂き。

8日(月)、9日(火)と、早くも2日の時が経過いたしましたが。

「選挙戦の疲れを癒す」、そこを大仰に表現するなれば…

「戦士の休日」、なんて時間は無く、この2日間も。

正副の幹事長会議や、お与りしている“地域要望”の現地調査。

また、自らが監査役を務める会議、等々。

相変わらず地域に留まらず、朝から晩まで、市域を東奔西走しております。

補足までに、私は過去から一貫して、市民の方々より要望を受けた際は?

直ぐ様、先ずは現地へ飛び、自らで現場の状況を取材、調査した後に。

「報告資料」を作成しては、それを役所へ届けるよう努めて来た、ゆえに。

こうした「市民の方々の声を届け、改善する」フットワークは、随一と…

おこがましくも「自任」はしていながら、この様な行動力たるや。

「何を上に見て、何を下に見る」なんて“観点から”にあらず。

あくまでフラットな視点から申しましても。

それは町内会や社協の会長さんでも「成し遂げ得る」行動であって。

私の「議員の資質」とは無関係の話でもあります。

(これらの迅速な行動で「石橋さんは、よぉ動く」と言われても、ちょっと♪)

しかしながら、改めて振り返れば、この度の「選挙」に関し。

例えば市議選であれば、戦後最低の数値を出した投票率「36.53%」。

つまりは「3人に1人」しか、選挙へ行かれなかった訳で、重ねて。

ひとたび選挙へ行かれたとて、多くの「無効票」も存在するのですから。

今回の実情、現実を、私共は真摯にシッカリと受け止めなければなりません。

以前も触れた、私が配布させて頂いた「リーフレット」にせよ。

「自らアレをやった」「コレをやる」なんて話に特化するのではなく。

「如何に各々が公共心を抱いては社会を築いて行くか」に傾注したのですが。

なかなか力及ばずで、自らの微力を痛切している次第です。

(以下、そのリーフレットの内容です)

しかし「あきらめて」しまえば、何も変わらない。

市民の方々より三たび、議会へ送り届けて頂ける事が叶ったのですから。

引き続き、誠心誠意、精一杯、市民の方々の為、街の未来の為に。

「ハチドリのひとしずく」ではありませんけども。

日々、真摯に努めて参る所存であります!

投稿日 : 2019年4月09日
And Now,