インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

ザッツ・エンターテイメント

昨日(21日)夕刻時の話。

「日曜ではあるし少々、早めに切り上げるかな」と。

中区にある議会棟から、いつもの様に自転車を走らせての帰路。

中央公園広場の西隣、太田川・河川敷沿いの道路を…

ゆっくり北上して行くと。

兎にも角にも、若い女性の2人組が、そこかしこに溢れ。

※圧倒的に「2人組」が多いのには驚かされましたが

(他に、もう少し人数の多い友人グループも散見され)

しかも「みんなが、みんな」と表して、過言なきほどに。

ベンチの上、芝生の上、地面の上、木々の枝に挟んで、等々。

スマートフォンを設置した上で、静止画や動画を撮影されている。

うぅむ。こうした“ちょっと不思議”な光景が…

おおよそ数百メートルに渡り、繰り広げられていました。

ただし。「不思議」とは言え、アーティストによっては?

「稀」な出来事にあらず。

ハイ。場所は“上野学園ホール”付近の話であり。

同ホールで行われる様々な音楽ジャンルのLIVE、その前に。

開場までの多くの待機ファンが「時間を潰す」のが、このエリア一帯。

公演アーティストがハードロック系の場合は、あくまで傾向ながら…

激しいヘアースタイルで、黒づくめの衣装をまとわれたファンが溢れ。

一方、クラシックや落語系の場合は…

落ち着いた年齢層の方々が、穏やかに読書しながらの開場待ち。

そんな光景が、公演当日は幾度となく繰り返され。

裏を返せば、コロナ禍のピークを何とか皆さんの協力で乗り切り。

(まだまだ油断してはなりませぬが)

徐々に。次第に。

制限を緩和しての「LIVE」が戻って来た証左とも言え。

ちなみに。

昨日の場合、登場したるは人気ダンスPOPグループでしたので。

若い女性がツアーマフラーを首に巻いては、掲げては。

開演を心待ちに、自分達を撮影してはSNSへの投稿ラッシュ時…

に、遭遇したと。

無論、みんな一様に表情は明るく“笑顔”が溢れ。

若年層だって、メイクにお洒落もバッチリです。

娘を持つ私としては、ついついオーバーラップしてしまい。

また、何卒「Have a nice live!」と願いながら。

コチラまで幸せな気分になって来る次第。

イイネ。

次世代を担う若者達には、不安と混迷ばかりを届けてしまい。

バリバリの現役世代である私共としても、非常に心苦しく。

何とか、その若人の豊かな感性へ打ちたいかな、心のワクチン。

こうした機会。

コツコツと確実に今後とも。

増やして行きたいですね。

投稿日 : 2021年11月22日
ザッツ・エンターテイメント

最近の記事