インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

気付きの先に…

あの原爆投下から77回目となる8月6日を迎えました。

はじめに。

私は平素からコンスタントに平和記念公園を訪ねては。

無念の死を遂げられた数多の御霊へ対して、哀悼の意を表し。

一方でも、時や場所に頻度を問わず。

2度と同じ過ちは繰り返さぬよう、関係者とも意見を交換しては。

そこへ加えて。

「ほぼ毎日」であろう、安全保障や核兵器関連の情報収集も行い。

委員会や本会議でも、この方面関連の発言を繰返しておりますゆえ。

8月6日に殊更、ギアを上げて…

“ヨソ行きの振る舞い”に変化する事はございません。

一方。

人それぞれ暮らしのスタイル、生活サイクルがありますので。

ハチロクに様々な行動を取られる人々を否定している訳ではなく。

誤解の無きよう。

とどのつまり、何を言わんや?

たとえ何月何日であろうとも。

起床後「迎えられた朝」に、御先祖様へ感謝。

就寝前「無事に終えられた1日」に、御先祖様へ感謝。

この朝と晩の“謝意の間”を一日一生とばかり、オーバーヒートしない程度に…

全力疾走するのが日課ですので。

8月6日にせよ、行動の骨子を成す部分に変化はありません。

8時15分に黙祷を捧げた後。

9時から正午まで、水分を何リットル補給したのでしょうか?

なかなか時間が取れず、先延ばしになり気になっておりましたが、ようやく。

地域で「歩行者を隠してしまう」ほど伸びきっていた街路の草木を刈り。

無尽蔵の体力を誇る私も炎天下、施工箇所が多かったので久々にヘトヘト。

しかし「午後からは涼み…」「ゆっくり過ごす週末を…」なんて発想が無いので。

シャワーを浴び、これまた久々に自宅で昼食を摂った後、議会棟へ。

デスクワークをこなしては、成果物をメールで送信等、やりとりをしていると。

夕方から行われる「子ども達のスポーツ体験会」(お手伝い)の時間になり。

ちょっと遅刻してしまいましたが、また5kmほど自転車を漕いで現地へ。

続いて。

年中無休を完遂する秘訣たるや?

定期的に「自分のために」と接種する“滋養”があるからこそで。

(じよう:身体の栄養分)

再び自転車で中心街へ戻り、都合によって“この日”の晩になってしまいましたが…

19時過ぎからのレイトショー(映画館)へ。

(1週間のみ「期間限定」の上映作品だったので他に時間が取れず)

ここまでの流れから当然…

鑑賞する人々の中で、上下スポーツウェアは唯一、私のみです。ハイ。

作品の出来に大満足しては22時過ぎに帰宅しましたけども、濃厚なる1日。

唐突ながら以前、当ブログにて。

競泳選手、池江璃花子さんの闘病生活について触れた事がありました。

白血病の治療で抗がん剤を使い、髪は抜け落ち、嘔吐を繰り返す。

病院のベッドから動けず、時に1人でトイレも行けず、点滴で栄養を取る毎日。

思っていた、予想していたよりも治療は「千倍」辛かったと。

彼女は初めて、生きている事がシンドイと感じ、耐えられなくなり。

心を許せる母に、つい「死にたい」と口にしてしまう。

すごく悲しむ大好きなお母さん。

やがて入院からの一時帰宅が許され、久しぶりに車で自宅に戻れる事に。

ただ外に出ること。桜の花を直接、見られること。

車に乗れること。高速道路の渋滞すら嬉しかった。

ご飯を食べに行き、とても幸せだった。

辛いことはいっぱいあるが、楽しいこともいっぱいあるんだな。

改めて「死にたい」と口にしたことを悔やんだ。

どんな時も言っちゃあいけないと。

続いて、コチラも過去に当ブログにて触れました、毎月6日。

自らのお店で「被爆体験者の証言の会」を開催、継続しながらも。

若くして亡くなられた、冨恵洋二郎君が残してくれた言葉に…

「今ある、身近な幸せに気付こう」とありました。

改めて此処に。けだし至言なり。

ハチロク以降も日々、気付きを胸に留めて。

投稿日 : 2022年8月07日
気付きの先に…

月別表示