お知らせ

2023年3月25日(土)
☆更新☆
「ブログ」を更新しました。
2023年3月23日(木)
☆更新☆
「ブログ」を更新しました。
2023年3月22日(水)
☆更新☆
「ブログ」を更新しました。
2023年3月20日(月)
☆更新☆
「ブログ」を更新しました。
2023年3月18日(土)
☆更新☆
「ブログ」を更新しました。
2023年3月16日(木)
☆更新☆
「ブログ」を更新しました。
2023年3月13日(月)
☆更新☆
「ブログ」を更新しました。
2023年3月12日(日)
☆更新☆
「ブログ」を更新しました。
2023年3月9日(木)
☆更新☆
「ブログ」を更新しました。
2023年3月7日(火)
☆更新☆
「ブログ」を更新しました。

インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

石橋りゅうじの決意

『将来を信じ抜く』

「民意の反映されぬ、このままの広島市ではいけない!」
「全ての退路を断って、立ち上がろう!」
これが、選挙に初挑戦した時の決意であり覚悟でした。

友人のみで結成された素人集団とわずかな資金で選挙戦に挑み。
そこへ、多くの方々が清き一票を私へ投じてくださり。
結果、「石橋さんが立候補して安佐南区の投票率が上がった」と。
役所の担当者から選挙の分析結果を告げていただけるほどに。
皆さまのお陰をもって、私は当選を果たすことができました。

また、議会では、良きを通すにも、悪きを止めるにも「数」。
私は、如何なる時も「過半数」を抑えられるよう、意図的に。
当時の最大会派(自民党・保守クラブ)に藉を置いたのですが。
国会と違い、地方議会の会派とは、いわゆる「政策集団」であり。
必ずしや「政党」の枠に縛られるものではございません。

ゆえに私は、常にしがらみの無き活動ができるよう。
当時から今日までも、政党には属さない無所属を貫いています。

加えて、特定の業界、団体、地域からの支援や推薦も無ければ。
自らの後援会(会員)も存在いたしません。

こうした異例づくめとなります「独自」の活動スタイルを許され。
不肖、私も過去12年間の議員生活を通じ。
幾多の行政課題を解決しては、数多の政策を実現してきましたが。

それは、私を信じ、私を議会へと「送り届けて」くださった。
お一人おひとり皆さまの確かな「お力添えがあった」に他ならず。
おこがましくも「事実」を一つ、申し加えるのであれば。
それは、私の活動を通じて「皆さまが成し遂げられた」実績です。

しかし。
現在の広島市と日本国の行く手には。
大きく険しい問題が山積しています。

必ずや、より良い現世と未来を子どもや孫の世代へ届けるために。
熱く。温かく。

ここまでの12年、ほぼ年中無休で全身全霊を尽くして参りましたが。
この歩み、まだまだ絶対に止められません。
引き続き、皆さまとご一緒に、前へ。

ここに、心からの感謝とともに。