インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

What's up?

ふと立ち止まれば、あの。

朝も夜もオンもオフも“混然一体”となった怒涛の期間が?

若干、落ち着いて参りまして、いけませんけども、ようやく。

“周囲を見渡す余裕”の復活して来た、日曜日(12日)の朝。

無論、本日も活動は展開しながら、あの「9.11」のニュースにすら。

目を留められなかった、自らの“時間の費やし方”と申しましょうか。

その不手際、不器用さ加減に、改めて猛省する今日この頃です。

NYの世界貿易センターがテロ行為によって倒壊してから、20年。

顧みれば。

かつて私がNYで就職活動を展開していた頃の話。

毎朝、起床後にスタッテンアイランド・フェリーに乗り込み。

左手に、リバティ島の自由の女神を見ながら、マンハッタンへ渡り。

南端のバッテリーパークから、ウォール街あたりを抜けては北上。

セントラルパークまで、距離にして11kmくらいになるのかな?

兎にも角にも歩いては、各所をチェックしての職探し。

“孤独”なんて次元の話ではなかったのも事実なれ。

それこそ当時は、マンハッタンへ渡る際に、世界貿易センターの…

いわゆる「ツインタワー」が当たり前の様に、目に映っておりましたし。

何げないシティ・ホール(市役所)にワシントン・スクエア(公園)。

五番街にエンパイアステートビルディング、等々。

すっかり日常と化した、非日常であったはずのランドマークの数々が。

過度に詩的に綴るにあらず、率直に。

街頭を1人、歩き続けるアジア人を癒し、また励ましてくれていたモノです。

そう。約25年前の話で、時の経過たるや。

早いですね。さて。

この期に及び「何キッカケで?」と思われそうですが、ここに一つデータを提示。

この調査は、現在のコロナ禍が到来する、その数カ月前に行われており。

裏を返しますと、その後。

飛躍的に若者の行動は制限され。

「その瞬間、その年代、その在校時にしか」経験できない尊い機会が…

著しく棄損、奪われており。

社会情勢も政治をはじめ、混迷を極める現況。

若者達は当時よりも更に、将来への…。うぅむ。

私なんぞ、地方議会の末席に位置する、1人に過ぎませんけども。

そう。あの行き交い、すれ違うニューヨーカーが全て眩しく見えた…

かつての1人のアジア人ですけども。

世の中が云々、それ以前に。

この年齢になっても、自らの可能性を諦めちゃあいない。

若人へ告ぐ。

微力だが、引き続き。

少しでも、わずかでも、今の内。

君達が将来、縦横無尽に活躍できる舞台(世の中)の整備を。

進めて参る所存です。

投稿日 : 2021年9月12日
What's up?

最近の記事