インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

「13日の金曜日に、ホント嬉しいです!」(地元民談)

まずもって、この様な時期に“自己弁護”など全く不要ながら、一言。

連日、各所にいらっしゃる方々と、被災地の現状やニーズを把握すべく。

1日に40キロ〜60キロの距離を自転車で走り、各地区を巡りながら。

他方、中区にある議会棟には必ずや戻り、災害関連のみならず。

市域に係わる仕事にも従事、進めている次第で。

(通常業務と表現すれば失礼なれど)

重ねて、地元へ戻っては、会合や打ち合せ、等々。

抱える案件や出席しなければならぬ日程に…

「先ずはコレから」との優先順位は存在しながらも。

「今、やらねばならぬこと」「今、出来ること」に取り組
んでいる次第です。

顧みれば、4年前に地元区を襲った「8.20豪雨災害」の場合。

発災後、直ぐに現地へ入り、この時も走り回ってはおりましたが。

なにぶんにも、その目に飛び込んで来た光景の衝撃も手伝ってか。

私は、一切の写真を撮影する事がありませんでした。1枚も。

(別に自らに課していた訳でなく、自然と、そうなっていただけですが)

しかし、そこから月日が流れ、後々、同災害の勉強会等を行う際に。

(議会の委員会で「防災関連」について言及する時も同様)

やはり「視覚から訴える」資料と成り得る「写真」が手元に無く。

「あれだけ長期に亘り現場に従事しながら、撮影しておけば良かった」と。

後になって、悔やんだ事実を教訓に、今回は?

何もスクープを狙うで無し、ただただ、災害のシステムや被害状況を。

また、復旧のプロセスも加味しながら、依然、撮影する枚数は少なくとも。

要所では「写真を撮影する」よう、心掛けています。

重ねて、前回の4年前は、本省(国)から担当者が多く足を運ばれ。

(今回が「少ない」と言っているのではありません)

災害対策本部にいらっしゃったので、その方々とも夜に打ち合わせをし。

国へも色んな要望を届けて参りましたけども。

この度は、言わずもがな同様のアクションを、国会議員さん達をはじめ。

多くの方々が取り組んでいるので、そこに参加して一カ所に集中しても…。

ゆえに、今なお“自らの持ち場”を広げながらも、繰り返しとなれ。

出来る事に、取り組んでいると。

そんな最中、心底「有り難い」と感じるのですが、本日は?

リーグ再開を前に、明日から練習が再開されるにも拘わらず。

名古屋から、佐藤寿人君と緑井出身の宮原君が被災地に駆け付けてくれ。

民家に流れ込んだ土砂を掻き出しては、更に。

炊き出しで、地元民やボランティアの方々に焼きそばを手渡しされるなど。

「広島を愛する」彼らも、今、広島に出来る事を体現して下さいました。

何が?って、こうした状況下、誰もが心の「ゆとり」を失いつつあって。

つい他者にあたってしまったり、キツイ言葉を発してしまったりも。

しかし、彼らが、触れ合う人々の…

そんな感情までも「リセットしてくれる」と申しましょうか。

まだまだ行方不明者の捜索が続くなど、大変な状況下に変わりはないながら。

「おお!寿人さんが!」「うぉ!宮原君まで!」と。

被災地の方々の表情に、ひとときの笑顔が垣間見れたりもして。

改めて、かくも有り難く、かくも温かいかな。

引き続き、皆で一丸となって参りましょう。

投稿日 : 2018年7月13日
「13日の金曜日に、ホント嬉しいです!」(地元民談)

7月11日、現在

本日も、広島市東区、府中町、広島市安芸区の現場を巡り。

また、豪雨災害に関して、多様なる連絡を頂戴しておりますので。

議会棟へ戻っては、そちらへの対応、回答等をさせて頂きながら。

出来る限りの対処にも従事している次第ですが。

過去の当ブログでも発信している通り。

各分野、それぞれのニーズにまたがる“体制”も準備が進められれば。

かつ、整いはじめている部分もありますので、改めて、幾つか列挙を。

まずは、「被災ごみ」の対応について。

続いて、「災害ボランティアセンター」の開設について。

いずれにせよ、情報(環境)は、日々、アップデイトされておりますので。

都度、確認して頂ければと存じます。

取り急ぎ、ご一報まで。

投稿日 : 2018年7月11日
7月11日、現在

現況

現在、県内各所では、懸命なる災害対応が行われており。

私宛にも、広島市内に留まらず、県外にまで及ぶ、様々な質問に要望。

また、炊き出しやボランティアの申し出まで、幾つも頂戴している状態です。

そこで都度、私も各方面に確認等を取った上で。

可能な限り、ご返答なり、ご回答をさせて頂いているのですが、ここで一つ。

ご承知の方々も多いかと存じますが、改めて「災害」に関する動きをば。

まずは、災害の発生、つまりは「発災」後。

当然ながら、行方不明者の捜索等、人命を第一に関係機関が動き。

そこへ並行して、現場に緊急車両や重機を導入すべく。

土砂や浸水で塞がれた道、つまりは動線を確保しなければなりませんので。

「啓開」(けいかい)と言う行程(作業)に入ります。

(道路啓開:最低限の瓦礫処理等を行い「救援ルート」を開く)

そして、はじめて「応急復旧」⇒「本復旧」⇒「復興」へ続いて行くと。

何を言わんや?

今現在、先述の「啓開」や「応急復旧」の状態であり。

例えば…

「私も何か被災地の一助になれないか」と、お手伝いしたい方々も多く。

しかし、各所の「ボランティアセンター」も、調整や準備中の所が殆どで。

つまりは「現地へ行かぬ」も、現地の一助に成り得ます。

(現場に渋滞や混乱を誘引しない為)

無論、親族や友人知人が「被災地に」と、ご心配を抱く人々もいらっしゃり。

私が「現地へ行くな」と言っているのではありません。誤解の無きように。

ただ、ある程度の段階を経て、現地より「オーダーが届けられる」。

こうしたタイミングは、今後“現地の受け入れ態勢”が整えば。

キチンと発せられるとは思われますので。

この辺りを、一つ踏まえておいて頂ければと。

いずれにせよ、市の「緊急災害情報サイト」も立ち上がっておりますゆえ。

「先ずは」コチラでも、色々と確認してみて下さいまし。

※補足までに、本日より各区役所で「罹災証明」の申請受付も始まりました。

投稿日 : 2018年7月09日
現況