インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

拝啓… 背景です

日に日に寒さも厳しさを増し、身に染み入る今日この頃。

お蔭様を持って、朝から東奔西走させて頂いておりますけども。

そこで、一つ「ご周知」と申しますか、各所から寄せられる「地域要望」に際し。

折角の機会なので、ココに広島市の「現況」をご説明させて頂ければと存じます。

何も私に限った話ではありませんが、議員へ、役所へ、各機関へ向けて。

平素より、住民の方々から多種多様なるご要望が寄せられて参ります。

例えば「道路の穴を補修して欲しい」「カーブミラーを設置して頂きたい」

「道が狭い」「道路のサインが消えている」「危ない崖がある」。

また、こうしたインフラ関連に留まらず、教育の話、地域コミュニティの話。

市が進める大きな事業の話と、それはあらゆる分野にまたがって来るのですが。

重ねて申せば、あらゆるご要望への「対処」「改善」へ向けては?

勿論、物理的に「ケースバイケースである」事が前提にありまして。

案件によって「早急に進展する」モノもあれば、予算が伴い時間を要するモノ。

更には「法的」に根本的な解決が難しいモノまで、多岐に亘る、にあたり。

少々“回りくどい”話となれ、一例として提示をさせて頂けば。

例えば「横断歩道が消えかかっている」「危ないので塗り直して欲しい」場合。

コチラは道交法に関わって参りますので、窓口は“県警”となります。

そして、先ずは区を管轄する警察署へ「ご要望」が集められ。

続いては、そこ(各所)から県警本部へと集積された後に…

「優先順位」が決定され「予算要求」⇒「予算化」⇒「工事着工」、完成へ。

そこで現況は、この度は夏に大きな豪雨災害があり。

「横断歩道を塗り直す」云々、それ以前に。

「横断歩道」自体が、無くなっていたりするエリア(被災地)も多く。

当然ながら、限られた予算と人員の中で、何を優先して行くのか?となれば。

持ちつ持たれつの社会に於いて「その辺り」が優先されて行きますゆえ。

(繰り返しとなりますがケースバイケース)

コレまでは、割合“迅速”に対応が可能であった個々のご要望に対しても。

必然的に「一定の時間を要する」ケースも「多く出て来ている」は、事実。

なので、決して住民の方々の声が、担当部署へ届いていない訳ではなくとも。

全てが「早急」とは行かず、何卒、ご了承、ご容赦を頂ければと。

なにぶんにも「時代が時代」であって、議員から口添え、要望したからと言い。

あらゆる案件が「一足飛び」に進まぬが「近代」と呼ばれる現代社会。

ただし、あらゆるチャンネルと手法を用いながら…

「1日でも早く」には努めている次第で、改めて、ご理解を頂ければ幸いです。

地域の事から、市域、県域に及ぶまで、引き続き、一歩一歩となりますけども。

真摯に取り組んで参る所存です。

敬具

投稿日 : 2018年12月11日
拝啓… 背景です

変幻自在

まずは、8日の土曜日から振り返らせて頂けば。

12月議会の会期中でもあり、週明けからも委員会審議等が続きますので。

議会棟で色んな調べモノに書きモノをしては、準備を進め。

その後、16時から開会する「催し」で司会を務めるべく、市内のホテルへ移動。

内容は?

サンフレッチェ広島の「森崎和幸選手」が引退するにあたって。

彼へ「ねぎらいと感謝」を届けようと、チームメイトをはじめ。

気心の知れた仲間が水面下で連絡を取り合い、当人に内緒で準備を進め…

開催する、サプライズ・パーティー♪

(友人知人、チームメイトにメディア関係者まで約100人が出席)

サンフレでプレーしたるは19シーズン、ユースからとすれば広島一筋22年。

みんなが、みんなで、感謝をお伝えさせて頂きました。

さぞ、常人には計り知れない苦労、プレッシャーの連続だったかと。

カズ君!本当に、お疲れ様でした!

その後、青少年の健全育成を目指し。

この1年も、共に熱く活動して来た団体の忘年会へ…

20時過ぎに顔を出させて頂き、ゆっくりと語らいたいのは山々ながら…

翌日も早朝から現場で、相応の「準備」が必要なので、帰宅。

そんな翌日、日曜日は?

山々ながらの、おお!山々!

そんな山々は雪化粧!「寒くない!」と言えば、ウソになる!

こうした環境下、プロの林業従事者の方々と共に。

災害時の崩壊リスクを軽減すべく、後世へ、キチンと宝の山河を残すべく。

早朝から夕方までミッチリ森林整備。

どこか「和気藹々」と作業している様に思われるかもしれませんけども。

とんでもございません。

ホント「あの学生時代の厳しかった体育系スポーツクラブ」の如く。

無駄口など一切なしで、次から次へと「間伐」を進めては。

山を、自然を、整えて行く。

かつ、前述の通り。

「その道のプロ」の輪の中、プロのスピードで共に作業するので。

コチラも現場で鍛えられ、勉強になるは、言うに及ばず。

かつ、当然ながらキケンも常に隣り合わせ。

一つの油断が大怪我に繋がりますゆえ、みんな真剣に取り組んでいたりと。

繰り返せば、急斜面での気の張った危険の伴う体力勝負の重労働。

夕方にはヘトヘトになり、なぜ…

「そこまでするのか?」(無論、無償)と問われれば、私共には?

先人から受け継いだモノを、更に整え、次世代へ渡さなければならぬ義務があり。

「誰かが」やらなければなりません。

幸いかな、この分野。

「私も出来る」モノですから「する」でなし「させて頂いている」次第。

極寒の山で「アレだけボタボタと大汗を半日間も流し続けている」のですから。

必ずや今晩も、熟睡の事でしょう♪

さて。明日(月曜日)は、朝から本会議。

相変わらず。

休日やオフなど数ヶ月は訪れておりませんけども。

何より、お蔭様で。

振り幅も、色彩も豊かなる。

カラフルな人生を送っております。

感謝。

m(__)m

投稿日 : 2018年12月09日
変幻自在

ひびけんさん(日々研鑽)

本日は、おそらく、この“任期4年”の中では最後になるであろう…

「一般質問」を終えて参りました。

ちなみに、この「最後になるかも?」との意味合いは。

来年の4月の選挙まで、一般質問の機会は来年の2月議会しかありません。

また、私共の会派として1回の議会で一般質問に立つのは「2人まで」なので。

次回(2月議会)は、他の議員が担当され、毎度、私が発言する訳には行かず。

ゆえ、今日までの4年間の活動を“凝縮”した質問をさせて頂いた次第で。

発言項目は、次の通り。

1.「都心部の再開発」
 *都市再生緊急整備について

2.「防災、減災の街づくり」
 *市民の防災力向上への取組について
 *森林整備について

3.「核兵器廃絶に向けて」

4.「スポーツを通じての街づくり」
 *組織の体制づくりについて
 *サッカースタジアムについて

上記の通りとなりますが、コチラを補足させて頂きますと。

まずもって「地元区(安佐南区)の話はしないのでしょうか?」との…

率直な疑問を抱かれるかもしれませんけども、本会議場での一般質問とは?

端的な表現を用いれば、「市政全般」に係わる。

つまりは「幹」の部分を話す機会であり、個別の例えば?

「ウチの近所の道路を補修して下さい」と行政に訴える機会ではなく。

ならば地元地域の話は?となれば、そこは本会議の場ではなく。

平素から、市役所や区役所、また委員会の場でも話をさせて頂いており。

また「幹」の話をするにせよ、取り上げたい項目は無数にあります。

しかし、持ち時間(発言時間)30分の中で。

1つ1つの項目を押さえては、ある程度の内容を備えて発信する為には。

8つも9つも必然的に盛り込めなくなりますゆえ、絞り込んで話をすると。

しかも、こうした一般質問の準備を進めるにあたっては。

各方面へ足を運び、実際に幾度となく取材を繰り返し。

しかし「ここだけの準備」のみに時間は割けないので。

本日の本会議当日にせよ、色んな地域要望等の話も預かるなど。

あらゆる日程と並行しながら、取り組んでいたり致します。

そんな一般質問を終え、自らで、自らを評価するなれば。

「及第点」(合格点)をつける事は(毎度)皆無ながらも。

「やるべき時間の中で、やり尽くして臨んだ自負」は、常にあります。

難しいですね。未だ、途上の不肖なる身。

また、蛇足ながら、事前に同僚議員へ…

「30分の持ち時間の内、27分45秒になると思います」と言いながら。

結果、喋りを終えたタイムは「7秒」オーバー。

(言い訳:最後の「スタジアム」の部分は敢えて、ゆっくりと喋りましたので)

まだまだですね。

明日からも12月議会は続いて行きますので、引き続き。

真摯に臨んで参る所存です。

投稿日 : 2018年12月06日
ひびけんさん(日々研鑽)