インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

コインの表裏

「市政」について触れたい、書きたい、語りたいのですが…。

明けても暮れても、昨今のニュースで人々の耳目を集めるは?

トランプ!トランプ!トランプ!の大合唱の通り、Mr,President!

故に、改めて「世界情勢」に目を向けるとして。

(如何なる国の如何なる町でも無関係ではありませんので)

まずもって…

新たな船出のトランプ政権たるや、まだ“出港したばかり”であり。

港から、すぐそこに星条旗をたなびかせた“トランプ船”が見える状態。

ですから、この時点で“全てを結論づける”は時期尚早?ながら。

しかし、存在自体が即効性の伴う劇薬でもらっしゃいますので。

早くもアメリカ国内をはじめ、世界各国から「反発」の嵐。

波風は強く、早々に座礁へ? そんな予見すら見え隠れしてますが。

一つの事実は、決して「抽選」で生み出された怪物にあらず。

「選挙」を経て、トランプ氏が就任し、大統領令を乱発されていると。

うむ。では根本的な「選挙」について掘り下げてみると致しまして。

この選挙(政治)を遡って行くと、古代のギリシャへ辿り着きます。

当時から、市民による「投票」が行われていた、のですが。

コレを「オストラシズム」(陶片追放:とうへんついほう)と言い。

例えば、非合法的に“当時の政権”を奪取しては、樹立した人物や。

他に、いわゆる「暴君」へ対し。

秘密投票で「アンタだけは許さん!」との市民が一定数へ達したらば?

つまりは、不支持を集めた危険人物は…

「国外へ追放された」そんな歴史的な経緯(原点)もあって。

何を言わんや?

「お願いしたい人」を選ぶにあらず「お願いしたくない人」を排除する。

コレが民主制や選挙の“始まり”でもあったと。

して、あの「オバマ氏」が選ばれた2008年の大統領選挙は?

投票率が「約57%」。

そして、今回のトランプが誕生した大統領選の投票率は…

「48.62%」で、勿論、一概に「結び付けられる」モノでなくとも。

投票行動を起こさなかった…

「51.38%」の国民も、結果的にはトランプ氏を生み出していて。

繰り返しますが。

現時点で同政権の正邪を「就任10日で断じる」云々とは別にせよ。

都市であり社会の「勧善懲悪」機能を果たしているのも選挙。

(かんぜんちょうあく:善事を進め、悪事をこらしめる)

決して“海の外”だけの話ではございません。

さて。

しかしながら、まるで「大統領コイン」の様に、皮肉な話ではあります。

数世紀前、かつて移民としてヨーロッパからアメリカへ渡って来た人々は。

ニューヨークのマンハッタン(アメリカ合衆国)へ上陸する前段に…

移民局のあるエリス島に立ち寄り、入国審査を受けたのですが。

(四国から広島へ上陸する前に“似島”へ立ち寄り審査を受けるイメージ)

希望と不安を抱きながら、その船上にある移民の人々の心を灯したのは?

エリス島の近くに浮かぶ、リバティ島の「Statue of Liberty」。

そう。自由の女神像であり。

私の場合も約20年ほど遡りますが、NYのスタッテンアイランドに居を構え。

毎朝、フェリーに乗船しては…

「職探し」の為に彼女(自由の女神)を横目にマンハッタンへ通っていて。

(当時の写真:決して怪しい者です♪)

その女神が立つ、台座部分に記される…

「STATU OF LIBERTY ENLIGHTENING THE WORLD」

「世界を照らす自由」(の象徴像)にある通り、何ら取り繕うでなく。

“現地生活”では、常にアメリカの自由と寛容性を実感していたモノです。

嗚呼、あの船(トランプ政権)は、果たして何処へ、行くモノぞ。

かく言う地方議会の末席に位置する私なども。

“負のエネルギー”が蔓延する世を、次世代に受け渡さぬ為に。

引き続き、真摯に全力を尽くして参る所存です。

投稿日 : 2017年1月31日
コインの表裏

攻守兼備の雲竜型?

朝の5時過ぎに起床して、まずはフル装備の厚着でジョギングへ♪

汗ビッショリになりて帰宅したらば、丁度、妻が朝餉(あさげ)の準備中。

「あら?お帰り♪」「シャワー?」と、問われたところ…

自宅の敷居をまたぐと、なぜか“便意”をもよおすのが人間の生理であり。

しかも「フロントから」でなし「バックから」のビッグな方(笑)

私:「いや、シャワーの前に、ちょっと便器を相手に四股(しこ)を踏んで来る」

「大一番になりそうだよ♪」「ハッハッハッ!」

妻:「親方!頼むよ!」

と、こんな何の準備も無い即興トークの後に、トイレへエントリー。

そして、5分後…。

私がトイレの扉を開けて出て来たところ、また偶然にも妻が通り掛かり。

妻:「取り組みは、どうだった?」

私:「ガップリ四つから、決まり手は“押し出し”だっだよ!」

二人:(大爆笑)

と、再度の即興トーク♪

「一体、何の話やねん?!」と、各界からツッコミが入りそうですが。

※決して「角界」(相撲界)を茶化しているのではございません

ただ単に、とかく暗いニュースが世に高頻度で報じられては。

また、ネット上でも、どこか「負」の感情やエナジーが飛び交う昨今。

“一風の清涼剤に”と。

敢えて我が家の一コマを切り取ったまで。

(トイレの話題だけに“芳香剤”には成り得ませんけども♪)

ながら、相も変わらず、学生カップルの様な当家の夫婦仲でもあり。

例えば、小学生の愛娘へ対して。

「私の様な男には引っ掛かるなよ!」

と、数年後には、胸を張って我が人生訓を伝授するであろう、反面。

「私達の様な夫婦を目指しなさい♪」

と、更に数年後には、謹んで中長期の目標を提示は出来ると思われ♪

繰り返しとなれ…

冒頭から「何の話やねん?!」ってな、四方山話(笑)

さて。

その後、一路、議会棟へ向かいては、せっせと、せっせと、お仕事に励み。

その後、インフルエンザが流行っていれば、寒い日も続いたゆえ。

必然的に「献血者」が減少するは必至なので。

“献血ルームもみじ”にて、成分献血を済ませ、帰宅する。

(この時期は“得に”献血へ行きましょう♪)

そんな。

たわいもありませんが、大事にしたいかな。

書き綴るに足りる、ささやかで平凡な一日♪

ごっつぁんです。

投稿日 : 2017年1月29日
攻守兼備の雲竜型?

normal

本日の午前中、「議会改革推進会議」の一環で。

メディア等でもスッカリお馴染みの、慶應義塾大学法学部教授。

元鳥取県知事でもいらっしゃる「片山善博氏」を議会棟へお招きしては。

「地方議会の改革、及び活性化」をテーマに、講演会が開催されました。

私も、かねてより同氏の著作は幾つも拝読させて頂いており。

同氏の経歴が…

東京大学法学部→自治省→鳥取県知事→慶大教授→総務大臣と。

いわゆる「エリート」でいらっしゃるゆえ、ただただ名前に“ひれ伏し”ては?

「心酔しています!」なんて事はございませんけども。

かと言い、誰が見ても明白に聡明で、高い見識の持ち主へ対して…

「別に大した人物じゃねえし」なんて、強がり、キレ者を演じるつもりもなく。

とどのつまり、いち「ファン」です(笑)

なので、約1ヶ月前から「この日」が楽しみで、楽しみで♪

何が楽しみ?って。

実際に「会える」との意味でなく、「会う」ならば以前に会っていて。

私は同氏のコメントが載った新聞記事などを昔からコピーしていたりと。

講演時間「90分」で何が飛び出し?如何なる刺激を受け?学べるのか?

ここらが楽しみでしょうがなく。

(是非とも一緒に写真を撮って下さい!めいたノリではありません)

結果、学ばせて頂いたのは、言うまでもありませんが、反面。

偉そうな表現を用いてしまえば、このクラスの人物が登場すると?

なんの「誇張」もなく、相も変わらず「陸の孤島」状態の広島。

その課題、問題点が浮き彫りとなって参ります。(特に政治面)

例えば、同氏が鳥取県知事の時代にせよ。

チェック&議決機関の議会へ対して。

皆の多くの知見を駆使しては「議案」を磨き、その完成度を高めるべく。

「是々非々で健全に、次々と反対や修正を申して来て下さい」と。

そこを“ウェルカム”の姿勢で臨まれていた人物だけあって。

何?私の手法に修正だの反対を表明する議員?!

顔に泥を塗りやがって!許すまじ!

そんな「狭量」で懐の浅い、かつ夜郎自大の政治が蔓延したり。

反面、行政側をキチンと「監視」「牽制」しなければならぬ…

役割を担って当選した議員が、時の首長(市長や知事)にベッタリと。

住民(有権者)への背信行為(チェック機能の放棄)が繰り返される、等々。

旧来型や悪しき従来型にあらず。

近代的(真っ当)なスタンスをお持ちの片山氏が「この地」に降り立たれると?

やはり新鮮♪

いいな♪ 「まともな話が普通に飛び交ってくれる」この感覚は♪

普通で良いんです。正直な話。普通で。

しかし、異様なまでに「普通から程遠い」から憤りを覚えるのであって。

うぅむ。

道程は、険しく長いなぁ。

広島。

投稿日 : 2017年1月26日
normal