インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

Are you all right?

本日の未明に北海道を襲った大地震。

道内の各所では甚大なる被害が発生しており、犠牲者も。

ここに謹んで、お悔やみを申し上げます。

目に飛び込んで来るは、映像にて報じられる被災地の各所であり。

歪んだ道路や傾いた家屋、大きく広範囲に削られた山々に…

言葉を失ってしまいました。

こうした山々の“崩壊”にせよ、巷では混同され易いのですが…

厳密に申せば「土砂崩れ」「土石流」「地すべり」と、種類は3つ。

そして、この度の様な広範囲に渡る、大々的な土砂崩れは。

未だ、たかだか40数年しか生きていない私ではありますけども。

ちょっと目にした事がありません。

改めて、1日も早い復旧、復興を祈念するばかりです。

また、重ねれば。

一時は道内の「ほぼ全世帯」295万戸が停電に陥りましたが。

いつなんどき発生するかもしれぬ、あらゆる類の災害へ対し。

私達は、平素から…

“最低限”の準備、備えはしておかなければならない、かと切に。

ちなみに、テーブルの上にコーヒーカップが載っている写真は?

我が家、自室の脚色も演出も無き「いつもの」一コマ。

黒い円柱の置物は「ランタン」(電池の提灯)で。

常に、年中、無造作に、停電に備えて、テーブル上に置いてあります。

続けると、読書が趣味の私は、兎にも角にも家に沢山の書籍が。

そんな書籍を収納する“本棚”も、一応は地震対策をしていたり。

(別の部屋のクローゼット等も)

他に、2階から階段を通じて1階を見下ろすと、その正面には…

何か災害等が起こり「断水」になった際に使用する備蓄の水タンク。

(水タンクは複数箇所に備え、「飲料水」も別に蓄えています)

そこへ、困ってしまう「トイレ」には、確かに備蓄水で対応も可能ながら。

水が不要な「非常用トイレ」も数十個は常備。

正直に申し上げて、私自身は野放図で「なんとかなるさ」の人間ゆえ。

つまりは、典型的な「正常性バイアス」を先天的に持ち合わせていて。

(私だけは大丈夫、なんともない、危なくないとの思考)

いつ訪れるかもしれぬ「災害に備える」なんてタイプではありませんでした。

では、何故に?

これまた臆面も無く正直に申せば、大切な家族(妻子)を守る為。

そして、例えば今夜も相変わらず、私は…

「ポタポタ」でもなく、「ボタボタ」にあらず、「ジャー!!!」と。

着込んだスポーツウェアを絞れば、それくらい汗が流れ出す程に。

ジョギングや筋トレをしておりますが。

(着用の下着を絞れば「ジョバァー」と大量の汗が洗面台に流れ出します)

コレも、ある種…

災害だの何だの一切合財を含めて、家族を守る為、でもあって。

(その為には先ず自らが最大限に動ける状態を常にキープ)

そんな石橋家のバックステージは、さておき。

あの南海トラフ地震にせよ、向こう30年以内に発生する確率は?

政府の地震調査委員会が「70〜80%」と想定されたいたりもする。

皆様のご自宅は、大丈夫でしょうか?備え?

そこがあれば「患え」は、かなり軽減されて参ります。

投稿日 : 2018年9月06日
Are you all right?