インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

黎明の鐘の音?

本日は、午前10時から「都市活性化対策特別委員会」が開かれ。

議題は、市民局より提示された「サッカースタジアムの建設」について。

その中で、最も“時間が割かれた”のは、先に私も足を運ばせて頂いた…

6月24日に基町小学校体育館で開催された「住民説明会」に於いて。

「主に住民側から如何なる意見が主催者側へ寄せられたのか?」

「主催者側(市・県・商議所)が如何なる説明を住民側へ行ったのか?」

この辺りの“詳細”でもありました。

いずれにせよ、かねてより注目度の高い案件だけあって。

委員会の冒頭、市民局より議会へ向けて、上記の説明がなされた後。

議会(各議員)より、そこへ対して闊達なる質疑等が行われる事に。

率直に、何が「もどかしい」かって?

以前より、当ブログでも触れている通り。

例えば、本日の委員会であれば、全「18人」の委員(議員)が出席。

先述の様に、行政側の説明の後、委員が挙手の上、質疑を行うのですが。

私は同委員会の副委員長であり、委員会当日の前段(数日前)に。

委員長と副委員長は、本日と同じ内容の事前説明を行政より受けては。

不明な点や確認事項、意見や要望があれば、その時に行う。

つまりは、行政と石橋の質疑応答は、事前に「済ませて」いるので。

委員会の当日は“場を回す”議事進行に徹する役目を担い。

あくまで「基本的な立場として」、との補足をさせて頂きますけども。

委員会当日は、各委員の様に挙手をしての発言は行いません。

ただし、本日も議会と行政との言葉の応酬、その遣り取りを…

目の前で「寡黙に見守る」につけ、しかも、議題はサッカースタジアム。

「そこは、こうでしょ?」「それは、こうなっているでしょうに…」と。

時に「議会」側に立ち質疑を、時には「行政」側に立っては…

答弁までしたい衝動に駆られるなど。

ウズウズ、ウズウズと、椅子に接する我が尻が、ウズいて来る次第。

いずれにせよ、今後も色々と取り組んでは、発信して参る所存です。

投稿日 : 2018年7月04日
黎明の鐘の音?