インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

day by day

昨晩、ある知人から「相談があるのだけど…」と、連絡が入りまして。

抱えていらっしゃる(遭遇した)問題を伺ってみたらば?

「コレまでは〇〇で大丈夫であった事柄が」

「役所内における新年度を迎えた“人事の変更”によって」

「新たな担当者から『それはNGである』と頑なに突きつけられている」

「決して法的(条例等)にNGなモノを『可能に』とゴリ押しするつもりはなく」

「ただただ、前任者では今日まで長年に亘り“OK”とされていた事が」

「何の法改正めいた動きも無いのに、急にダメになる意味が分からず」

「未だ、着地点も見えず困り果てている」

「力を貸してもらえないか?」

との内容でありました。うむ。

そこで、上記を踏まえ、先ずもって考えられる可能性は2つ。

「前任者が本来であればNGであったモノをOKにして来た」のか。

もしくは。

「新任者が本来であればOKであるモノをNGにしている」の、いずれか。

しかしながら、いわゆる社会の規範となる決まり事(法)を鑑みれば。

「法」たるや、あらゆるケースを想定しながらも。

だからこそ、四角四面に融通が利かなく、ならぬよう。

「解釈の余地」めいたゾーンも設定されていて。

故に良くも悪くも時に「それは法的にグレー」なんて言葉が交わされたりもする。

で、この度の相談話で言えば、一体、何と誰に瑕疵(かし)があるのか?

現時点で私には解明へ向けた判断材料が不足していれば。

かつ、先方から「すぐに解決へ」でなく「先ずは相談」だったので…

同案件について、導かんとする結論を留保、行動を自重しておりますが。

ただし。ただし、あくまで私見ながら。

「役所は役所だから役所」であり、前任者が長年に亘って…

「ダメなモノを延々と許し、法の目をスルーして来た」と、簡単には考え難く。

(あくまで一般論として)

ならば、何が求められるのか?

言わずもがな、市民生活(生業)へ悪戯に混乱を生じさせぬよう。

“一定の決まり事”に対する、役所(新任者)としての「解釈の安定性」です。

突飛ながら、何の脈略も無い「例え話」(仮定)を用いてみるとして。

コレまでに、市民Aさんは地道に企業努力を重ね「塩パン」を編み出した。

人気が人気を呼び、更なる販路拡大を目指し、高騰する原材料の…

塩に小麦粉、バターを大量に購入。

「さあ!いっぱい作ってジャンジャン売るぞ!」「お客様の喜ぶ顔が目に…」

となった段に、4月からの窓口担当者が、いきなり。

「パンに塩を付けるなんてNGですよ」と、パンだけに口にしたら?

市民Aさんからすれば「コレまでOKだったんちゃうんかい!」って話には…

なるでしょう。普通に。

私とて、入口からバイアスの掛かった視点でいると、物事を見誤る可能性も。

なので、ニュートラルに対応はさせて頂いておりますけども。

果たして、結論は何処へ導かれるのか?

無論、この件が如何なる地点に着地しようとも、守られるべきはプライバシー。

ココでは、おおっぴらに発信できない事を、ご了承下さいまし。

m(_ _)m

投稿日 : 2017年4月19日
day by day