インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

engagement(つながり)

一般的には、褒め言葉と言うよりは、ネガティブな意味合いを含み。

仕事中毒の事を「ワーカホリック」と表し。

一方、眼前の仕事に対し、熱意(を持ち)活力(が伴い)没頭する。

こうしたポジティブな意を含み、充実した状態の認知、その概要、概念を?

「ワークエンゲージメント」と表したりもしますが。

私の場合、正や負の意味合いは別にせよ、分類されるなら明らかに前者。

顧みれば、約30年前の高校時代も、筋トレを行うとなれば…

結果「疲労骨折するまで兎にも角にも」と言った具合に。

何も「仕事」との括(くく)りにあらず、目の前に活動目標(日程)があると。

生来、ただただ尽くし、打ち込んでしまう性格(習性)。

重ねて、私の場合は前述、前者の中毒性に加え、焦燥感と脅迫観念が伴うので。

自らでも痛切してしまいます。「コレは性質(たち)が悪い」と。

本日にせよ、いわゆる「9 to 5」。

朝の9時から夕方の5時まで議会棟で仕事をした後、帰宅して。

日曜日だろうが連休中だろうが、私には無関係であり…

そこで、ゆっくりと腰を下ろし「早めに休む」との思考が、まず生じない。

始まるのです。我が胸中にて…

「まだ陽が沈むまで時間がある」「今日の内に何かをしておかなければ」

「夜分でも自宅で仕事は出来るので」「屋外での作業を一つでも片付けるべし」

ジリジリと何かに駆られ、ジリジリと自らで自らを追い込み、焦り出し。

彼方より聞こえ、迫り来る…

「まだまだ公共の為に尽くしなさい」「一日一生でしょ?」の声。

つまるところ自問自答なのですが、いずれにせよ着替えては、再び外へ。

結果、汗ビッショリになるまで活動してしまう。年中、この繰り返し。

(あくまで一つの典型例)

さて。長い前フリが終わり、ココからが主題となります。

広島市の広報紙「市民と市政」5月1日号に今年も掲載されました。

4頁の中段、森林ボランティア「もりメイト」育成講座(募集のお知らせ)。

対象:18歳以上で、自家用車などで実施場所まで来られる人

日時:6月26日、7月10日、9月4日・5日、11月6日、12月4日、来年1月8日、2月5日、全8回

場所:市内の市有林など

内容:森林の手入れの基礎知識と技術の習得のための講習・実習

申し込み:催し名・講座名、〒住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号(その他、記載事項があれば)

締め切り:5月31日(月)必着

宛先:農林水産振興センター 振興課(〒739-1751 広島市安佐北区深川8丁目30-12)

※抽選で30人まで

問い合わせ先:082-845-4348


老若男女を問わず、多様なる人々が集い、信頼のおける講師陣と。

どこか打算的で「有益」との表現は用いたくありませんけども。

座学に屋外で実践する技能研修を含め、非常に優れたプログラム(講習)です。

将来、本格的に森林整備をする!

そこまで意気込み、大上段に構える必要はございません。

私も過去に受講しましたが、当時の受講メンバーとは未だ横の連携があったりも。

興味があれば、是非!


P.S.

新成人の皆様、誠におめでとうございます。

コロナの影響により、急きょ成人式もオンライン開催となりましたが。

それも世の中、それ以上に皆様のご健康を思いやってこそ。

改めて、皆様の前途に幸多からん事を、心から祈念しております。

私も、この歳を迎えながら。

つい先日、素敵な言葉に出会いました。

「どんなふがいない1日も肯定すべきです」。

けだし至言なり。(誠に言い当てた言葉だ)

もう少し早く出会えたならば、冒頭の様に。

あんなにもせっつかれた生き方を何十年も送る事は…

言うまいぞ。

お互いに、生涯学習ですね。

投稿日 : 2021年5月02日
engagement(つながり)