インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

世間話

20日の土曜日、夕刻時のMTG(ミーティング)。

微力ながら「人々の行動を商売に繋げなければ」と、敢えて会場を。

繁華街から少し外れた街路沿いにある居酒屋にセッティング。

同士と時を忘れ、熱く語り合い、また箸を進めます。

1時間ほど経過してはの“追加”注文時。

っと、思い起こせば、私は夕食時も殆ど飲まず食わずの小食なので。

如何なるお食事処でも「メニューを2回持つ」ことが皆無であったりと。

そんな余談は別に、仲間が追加オーダーを店員さんへ告げると?

都度「ちょっと確認して来ます」の返答後…

十中八九「スイマセン」「もう売切れです」との言葉と共に戻って来る状態。

確かに。他にお客さんはいらっしゃるが、お世辞にも大盛況とは言えず。

率直に「なぜ?」「店内で何が起きているのか?」皆目見当もつきません。

しかし、お店側に悪意がある様子はなく、コチラも詮索することはなく。

お会計時、店長らしい人物が深々と頭を下げて口にされます。

「本日は希望のメニューに応えられず、売切れ続きで誠に申し訳ございません」

「一連のコロナ騒動もあって、ここ最近、通常営業に戻しながら」

「どれくらいお客様がいらっしゃっては、そこへ対して…」

「どれだけ食材を仕入れて良いのか未だ手探り、計りかねておりまして」。

おお。合点。得心。そこへ察しの及ばない自らの、なんと至らぬことか。

皆様が各々の持ち場を死守しては、世を回さんとして下さっている。

私など、コーラとサラダばかり注文して売り上げに全く貢献できず恐縮ですが。

うむ。また足を運ぼう。

続いて、21日の日曜日は「父の日」。を伺えば。

ウソ偽りなく「ならば父へ何を贈ろうか?」が先に立ち。

「自らも贈られる側(父)であった」ことを忘れている…

ことを毎年、この父の日に気づく次第で。

娘に「何かパパにプレゼントしてくれるのか?」を問うたところ。

なんでも今回の校内テスト、その幾つかの教科が好成績だったらしく。

「この成績をもって、父の日のプレゼントに代えさせて頂く」との返答。

うおぉ!イカすアドリブ!百点満点!鳶が鷹を生んだのか!?

不出来なオヤジの目は届かぬも、子は日々、成長しているモノ。

顧みれば、10年前は…

あんなにも小さかったのに。

ちなみにコチラは、コレまで親子で釣りに行った「たった1回」の貴重な写真。

親子で旅行はおろか、レジャーまで行かずとも、近所の外食であっても。

今日まで「どこかへ連れて行ってあげた」記憶が親子ともに?

ホント「数えられる」レベルで、昼夜を問わず、平日に週末、季節を問わず。

働きづめの父(私)で「幼少の頃の楽しい思い出」なんて、おそらく…

娘に作ってあげられてないのは。間違いなく。気が付けば。

恥ずかしく、父と釣りには一緒に行ってくれないであろう年頃を迎えていたり。

そして、今年の父の日も。

父が娘の大好物を買って帰ることになりそうです。

投稿日 : 2020年6月21日
世間話