インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

backstage

本日は10時から「広島市基本構想・基本計画」特別委員会が開催され。

行政側から提示された「たたき台」に対して。

各会派より9人の委員が“質疑”を行われました。

以前、当ブログでも上記の「基本構想・計画」について触れましたが。

改めて、端的に申せば「市政」に於いての“未来へ亘る”10年計画の設計図。

「〇〇を掲げ」「〇〇を実現する為に」「〇〇や〇〇にも取り組む」と。

計画の「最上位」(根源)に位置するのが、この基本構想であり基本計画。

ゆえに、委員(議員)サイドが「〇〇は、どうなのですか?」と質疑するにせよ。

なにせ「10年スパン」のビッグピクチャーと申しましょうか。

広島市の大きなビジョンが策定される、その最終的なOKが出る前段に。

議会の声も反映させ、より良い…

「構想や計画」にすべく、たたき台をブラッシュアップする為の委員会なので。

極端に申せば。

「〇〇区〇〇町の道路を2mほど広げるべきではありませんか!」

「たたき台にある2行目の表記、読点を句点にすべきでは?」なんて具合に。

「枝葉末節」部分に言及する種の委員会ではなく。

委員が、ひとたび質疑を行うにせよ「腕が問われる」。

難しくもあり、裏を返せば「遣り甲斐のある」10年に1度の機会でもあります。

ちなみに、私共の会派からは三宅議員が登壇し。

繰り返しとなれ、総論に各論あれば、総論について数々の質疑をされたと。

また、コレは「今回の特別委員会」に限った話ではありませんけども。

例えば、本会議(〇月議会など)でも同様で。

とかく、登壇されては質問や質疑を行った議員にスポットが当たり。

また、報道や議会だより等で取り上げられ、とどのつまり…

「発言した議員」に注目が集まりますが、ならば「発言していない議員」は?

「何もしていないのか」となれば、そうではありません。

私などは、本会議の一般質問でも割合“高頻度”に発言いたしますので。

報道記者さんから「また石橋さんがされるんですね」と言われたりしますが。

補足までに“自らが登壇しない”議会や委員会でも。

あくまで私の場合なれ、普通に「自分が登壇して喋る」量の資料や原稿を作り。

(つまりは相応の徹底したリサーチを事前に積み重ね)

「会派内で、こうした切り口や問題提起もあるのでは?」との活動を…

水面下で脈々と行っていたりもして。

ゆえ、今回の特別委員会でも、幾つもの都市が策定されている構想や計画。

並びに、本市の過去の構想や計画を徹底的に調べた後。

「会派として、この様なアプローチを試みませんか?」との提言や調整には…

言わずもがな、取り組ませて頂いている次第です。

ちなみに、本日は質疑をされた9人中…

「3人」が今春に当選された一期の議員さん。

不肖、私ごときは、まだまだ先輩ヅラできるレベルになく、掲げるは生涯学習。

ながら、積極的な新人さんの姿勢には、良い刺激を頂戴いたします。

初心を忘れず、引き続き。

一つ一つの機会を大事に、頑張らねばね♪

投稿日 : 2019年8月23日
backstage

8.20忘れまじ

市内166カ所で土石流などが発生しては、全半壊の住宅は約400棟に上り。

災害関連死を含め、77人もの尊い命が奪われた「8.20豪雨災害」から。

5年の歳月が流れた、本日。

私も朝から安佐南区役所の1階ロビーで行われた追悼式へ出席し。

衷心より哀悼の意を表し、献花させて頂いた次第です。

(献花台は本日の17時15分まで設置、用意された菊花は数に限りがございます)

改めて当時を顧みると、発災直後に現地へ向かい、徒歩で各所を巡ったらば。

見慣れた街並みが、想像を絶する程に土砂や巨岩によって破壊され。

また各所では、毛布にくるまれたご遺体が静かに横たわり。

その前で呆然と立ちすくむ親族の方々や。

未だ山裾から流れ出る雨水をすくい上げ。

ご遺体に付着する泥を綺麗に洗い流してあげている人々の光景など。

私も言葉を失いました。

一方、被災地へは消防、警察、自衛隊、災害ボランティアをはじめ。

多くの人々が1日でも早い復旧・復興へ向けて多大なる力と心を注いで下さり。

朝から晩まで泥だらけになって取り組む最中、あれは8月31日だったでしょうか。

不通となっていた可部線の復旧を翌日に控え、試験運転車両が真横を通過しては。

周囲から「おお!」「更に、みんなで頑張って行きましょう!」との言葉も漏れ。

悲しみに包まれた街へ、僅かなれ明るい兆しが射し込んで来た瞬間は。

今でもハッキリと思い出されます。

(写真は、その試験運転車両)

その後、甚大なる被害に遭った安佐南区・安佐北区の99箇所へ…

砂防ダム等が緊急整備される計画が策定され。

先の7月末までに、96箇所の工事が終えられました。

しかしながら、コレまで言い尽くされている論調ではありますけども。

「ハード面」での整備に、過度な安心は禁物であり、今後へ向けて。

「ソフト面」での地域防災の確立を、つまりは地域の人々で地域を守る。

これまた高頻度に掲げられながら、今一度。

自助・共助の確立に、地域ぐるみで取り組んで行かなければなりません。

私なども今日まで、地域では多様なる防災・減災活動に従事しながら。

本会議や各委員会でも、無数の提言等を行って参りましたが。

その中では、ある委員会にて「3Dプリンタ」で作成した模型を持ち込んだ事も。

(持ち込んだ、被災した八木・緑井地区の模型)

ご覧を頂ければ、端的に一目瞭然となれ、住宅地の背後に広がる山々には。

「尾根筋」と「谷筋」が存在し、山へ降り注がれた多量の雨水は必然的に。

凹んだ谷筋、支流へ集まり、最終的に一本化され、下流域の住宅地へ流れ込む。

こうした「住まい近郊の地理(危険個所)を知る」教育は、アメリカなどで。

小学校の「防災教育」から用いられています。

昨今、本市でも各エリアでは、地域独自の「防災マップ」作成に着手され。

「どこが、どの様に危険であるのか?」との周知、認知が徐々に進みながら。

実際、全体から見れば、まだまだの感は否めず。うむ。

引き続き、尊い命の奪われた災害を風化させる事なく、かつ刻まれた教訓を。

皆で生かし、皆で、皆の命を守るべく、皆で取り組んで参りましょう。

投稿日 : 2019年8月20日
8.20忘れまじ

位置情報

早いもので、お盆や連休との文言が飛び交いながら、本日は8月の18日。

昨晩の“首位を撃破”したサンフレッチェの勝利!

その興奮も冷めやらぬ中、私は相変わらず議会棟で黙々と作業に取り組んでおり。

この後は再度、司会を務めるべく広域公園へ向かわなければならないのですが。

ふと振り返れば、11日の「山の日」から始まり。

12日の「振替休日」、その後の「お盆」をはじめ。

今日までの「10日間」の内、9日は議会へ足を運んでいるなど。

(その間も数々の地域行事や会議等アリ)

今年も「お墓参り」は出来ず終いで、家族を何処かへ連れて行った等も無く。

率直に「申し訳なく」はあるのですが、ご先祖様へ向けては。

必ず、毎朝、毎晩、手を合わせ。

つまりは合掌して、日々の「感謝の意」を伝えさせて頂きながら。

家族へ対しては「私の活動に理解を示し」で、片づけてはなりませんけども。

お蔭様で、常に「今日も外を走り回って来なさい」と背中を押してくれていて。

今一度、やはり各方面へ「感謝」です。

周囲からは「あまりにも多くを一人で抱え過ぎている」とも、よく言われ♪

しかし、私なんぞへ引っ切り無しに「お声が掛かる」は、有り難き話。

頑張るべな。負けてはいられません。

何にって? 弱き、未熟な自分に。ハイ。

投稿日 : 2019年8月18日
位置情報

最近の記事