インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

海の外

四方山話の極みで、誠に恐縮ながら。

(よもやまばなし:世間話・雑談)

今朝、いつもの様に自転車を走らせ、自宅より議会棟へ向かっていると?

丁度、広島城の横を通過している辺りで、一人の若い女性に呼び止められる。

「えっ?何事!?」と思いきや、相手は外国人であり…

なんでも道に迷い「中区の、ある建物へ行きたい」とのこと。

そこで「ピュアな勘違い」とも言える、率直な自己の肯定をさせて頂けば。

自らが海外に住んでいた時と同様、異国で道に迷ったりした時は?

人間たるや本能で「親切に教えてくれそうな人物」に声を掛けるモノ(笑)

そして今回、私へ「白羽の矢が立った」ならば、そこは当然ながら…

「現地までのナビゲートを務めなければなるまいぞ」と。

自転車を押しながら、道案内役を買って出る事に致しました。

重ねて、目的地へ着くまでの「場をもたせる」インタビュアー役も?

言ってみれば、私の“得意分野”でありまして♪

先方の母国の絶品料理の話から、ご兄弟の話に至るまで。

会話を盛り上げ、話題は尽きず、約15分で難なく現地へ到着。

お礼に「お釣りが来るほどの満面の笑顔」を頂戴し…

条件反射で、「惚れてまるやろ〜!」

と、叫んでしまうと、妻から土星のリングまで蹴り飛ばされるので、そこは自重。

ながら、朝から「風が頬に心地イイぜ」と、気分は爽快です♪

折角なので、外国人関連の話を続けさせて頂くと。

先日、地元区の町民運動会が行われた際に、運営側のお手伝いとして。

外国人留学生が2人、参加してくれていました。

しかしながら、会場に多くの人々が居るにも拘わらず、日本に来て間が無く。

2人は、なかなか周囲とのコミュニケーションも図れない様子で。

言わずもがな、私が“そうした”状況を見過ごす訳がありません♪

早速、近寄って話し掛けてみると、「ペルー」と「タイ」からの留学生。

ペルーと言えば、南米のスペイン語圏でもあり、私が何気に…

「Buenas tardes♪」「Cómo está usted ?」

(こんにちは、調子はどうだい?)

「Muy bien,Gracias!」

(私は、すこぶる元気だよ、有り難う!)

ってな調子で話を展開したらば、瞬時に…

「おお!日本で久々にスペイン語の響きが!」

とばかり、先方の表情がガラっと、明るく一変!

その後、会話が弾み、しかも弾み過ぎたのか。

「この運動会の万国旗には、ペルーとタイの国旗が見当たらないよ」

と、カジュアルな“ダメ出し”まで外国人学生2人より頂戴し。

僭越ながら、日本国民を代表して、深く謝罪しておきました♪

先の内閣府の発表では「日本の10〜20代は海外生活を望まない傾向に」。

そんな調査結果も出ておりましたが、自らの“母国”を改めて知る為にも。

短期、長期を問わず、異文化を学ぶ「海外」生活って大事。

と、I think so 思うのです。ハイ。

投稿日 : 2019年6月04日
海の外