インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

自然の猛威

本日、早朝に心配なニュースが飛び込んで参りました。

午前3時40分頃、大分県中津市で、民家の裏山「高さ約100m地点」から。

長さ、幅ともに200mに渡り山肌が崩落しては、4棟が土砂にのまれ。

3世帯の男女計6人と連絡が取れなくなった、との事で。

警察、消防、陸自、約400人態勢で土砂の撤去にあたり。

これまでに、お一人を発見。

しかし、残念ながら、死亡が確認され。

未だ、安否不明者(他の5人)の捜索が続いております。

改めて、気象庁によると、同地域では、6日、7日に少雨が記録されながら。

8日〜10日に「0.5ミリ」以上の降雨は観測されておらず。

つまりは、豪雨の際、ある程度は何らかの予測がつき得たかもしれぬ?

そんな種の土砂崩れになく。

平時に突然、山の斜面で大規模な崩壊が起き、民家を襲ったモノで。

当然、原因の究明には時間を要するでしょうし、現時点でも、例えば。

西日本新聞に掲載された、九州大・大学院の教授の話によると。

「川に沿って風化した山の斜面が浸食される現象ではないか」

と、分析されていたりも。(無論、不確定)

また、地元住民によると、数日前より…

「山から『ゴォ』と地鳴りがしていた」。

「裏山から幾つもの小石が落ちて来ていた」との証言もあり。

誰かれに限らず「特定地域で起きた話」と、他人事に捉えてはなりません。

今週も、私共は行政の担当課に関係団体の代表者も交えながら。

「山の整備を早急に進めて行かなければならない」

と、意見交換会を持ったばかりで、また実際に、山へも入っておりますが。

僭越ながらも、議員の一人としては。

チェーンソーを持って山へ入り、自らも整備を進める。以上に。

立法であったり体制など、大枠となるシステムを整備、構築する事が肝要であり。

市民の生活や生命を守るべく、悠長に構えてはいられません。

引き続き、真摯に注力して参る所存。

いずれにせよ、この度は、衷心よりお悔みを申し上げると共に。

未だ発見されない行方不明者の方々の早期発見、無事を祈るばかりです。

投稿日 : 2018年4月11日
自然の猛威