インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

舞台は世界

日本政府(外務省)主催により、核兵器の保有国と非保有国の専門家に加え。

広島や長崎の有識者らが、核兵器の廃絶へ向けた方策を話し合う「賢人会議」が?

先の27日、28日の2日間に亘り、本市で開催されましたけども、続きまして。

29日、30日と、同じく2日間の日程で、本市にて開催されたのが?

「国連軍縮会議」です。

まずもって、同“軍縮会議”は、通常の政府代表によって議論が交わされては。

都度、決議や合意文章等が発出される種の軍縮会議とは異なり。

政府の関係者や専門家、NGOなど各組織に属する「個人の資格」で参加の後。

核兵器廃絶をはじめ、まさに「軍縮」へ向けた闊達なる意見交換、情報共有、発信と。

言わば、ヒザ突き合わせ、兎にも角にも趣旨について「語り合う場」であり。

広島での「賢人会議」に続いて、広島での「国連軍縮会議」。

この「一連」開催となった、尊き、集中、濃密な計4日間たるや、世界でも稀で。

私(市井の市民)としても、短い準備期間の中、実現に漕ぎ着けた関係者各位へ。

改めて、心から敬意を表するモノであります。

また、昨晩はセッションの合間に、国際会議場にて“歓迎レセプション”が催され。

誠に僭越ながら、私も総務委員会の一人として、出席して参りました。

18時から始まったレセプションは、立食形式で、19時半まで行なわれ。

この様な空間で、何が「収穫になった」かって?

プログラムの各所に「列席者のアイサツ」(スピーチ)が盛り込まれており。

それこそスポーツ観戦やコンサートではありませんけども、そんな要人のスピーチを…

「Live」で聴けた(触れ合えた)事。

例えば、私はコレまでも。

本会議や委員会で「核兵器廃絶」に関する発言を幾度も行って参りましたが。

ゆえに、平素から「核兵器廃絶」云々の新聞記事は、常にスクラップし。

テレビのニュースや特集番組等も、可能な限り録画しておりまして(継続中)。

そんな私の個人的な「資料の山」その中で、高頻度に登場される…

国際連合事務次長であり、軍縮担当上級代表の「中満泉氏」が、目の前で。

日本語、並びに英語でスピーチをされるに当たり、そこへ立ち合えると。

(今年の8月6日の平和式典でも同様の機会に遭遇は致しましたけども)

自己弁護の様で恐縮ですが、「あっ!テレビで見た事がある人だ!」

めいた、ミーハーの観点からでは、ございません。

(確かに名刺交換の機会を設けて頂きましたけども♪)

「世界」を舞台に、その最前線で活躍される人物(どなたであろうとも)が。

如何なる言葉をチョイスされ、如何なるトーン、如何なる抑揚を用いて…

他者へ語り掛けられるのか?

を、間近で、肌身で、心で、受け止められる好機に、刺激を受けない訳はなく。

実際、同氏の言葉と言葉の間には、無数の心配りと、強い意志が垣間見え。

しかも、難しい事をシンプル、かつ率直に表現されては、何よりも。

コチラが訝(いぶか)ったり、それこそ不信に陥る様な「不純物」が無い♪

つまりは、「この人は絶対に、こう思い、こうしたいんだな」と。

聞き手にとって、非常に分かり(伝わり)易いのです。

私の様な、野山とグランドを、ひたすら駆け回って育って来た人間にとり。

なんと勉強になる事か。

そんな「第27回 国連軍縮会議in広島」も、本日の夕方に閉幕。

うむ。

私ごとき、まだまだ、まだまだ、まだまだ、学ばねばなりませぬ。

そして、更に、更に、更に、行動にも移して行かなければなりませんね。

「世界は広いぜ」相も変わらず。

投稿日 : 2017年11月30日
舞台は世界