インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

自然に還り、自然に学ぼう

まずもって8月11日は、山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。

本年、導入後2年目を迎えた国民の祝日「山の日」であります。

そこで当日、私は山にこそ向かいませんでしたけども、足を向けたるは?

広島駅前のBIGFRONTで開催された「森づくりシンポジウム」。

ここ数年、この種のシンポジウムや勉強会、報告会等があれば。

市内に市外を問わず、何処であろうと可能な限り出席して参りましたが。

この度のシンポジウムも。

首都圏からいらっしゃったNPO法人の理事長さんによる基調講演に。

自伐林業のインストラクターさんや、木工所の社長さんに学芸員さんと。

森づくりに関する「経験談」や、未来へ提起する「出口論」等々。

そこは机上に留まらない、まさにペーパーレスな実践論の数々に。

お蔭様で、多くを勉強させて頂きました。

しかしながら「山」たるや。

そこから街とを結ぶ緩衝帯の“里山”に、海へ注がれる“川”に至るまで。

人々の暮らしに密接な関係があり、その重要性を誰もが知っていながら。

一連の環境“整備”は、三歩進んでは二歩下がる状態。

故に先述、数々の企画を展開されて来た横浜の理事長さんも。

未だトライ&エラーの連続で、あの手この手を尽くされているとの事。

また、コチラの広島県とて、数々の施策等を実施しながら。

これまた、なかなか“骨子”の部分が強固に築かれていないのが実情で。

ただし、同シンポジウムには、非常に多くの方々が参加され。

既に取り組まれている人々に、コレから取り組まんとされている人々と。

脈々と息づいている市民意識の底流はあって。

各方面の人々が、改めて“連携”しては如何に具現化させるのか?

重ねて、山や森林で申せば「エネルギー政策」にも関連性アリで。

心底、生み出したいかな、パラダイムシフト。

うむ。

山頂を目指し、引き続き、一歩一歩でございます。

さて。

12日も、朝からサッカーフェスティバルに顔を出し、議会棟へ行き、会合と。

夜まで自転車で駆け回って参りましたが、まさに類は友を呼ぶ?

冒頭のシンポジウムでも、ゲスト・スピーカーが口にされていた通り…

「人生、出会うべき人には、必ず出会う」

「しかも、一瞬遅からず、早からず」

「しかし、内に求める心なくば」

「眼前にその人ありといえども縁は生じず」で。

お蔭様をもって、本日も良い善い好いご縁をば、頂戴いたしました♪

ふう。

街を駆け抜けては、日々が過ぎたるは、瞬く間。

気が付けば、お盆でございます。

m(__)m

投稿日 : 2017年8月12日
自然に還り、自然に学ぼう