インフォメーション

石橋りゅうじ 議会棟控室

Tel.(082)504-2442

スマホ版サイトは以下のQRコードから。

スポーク&スパーク

週も明けて、月曜日でございます。

朝から、区役所との調整あり、来客あり、お昼を挿み。

午後から、市役所との調整あり、民間業者との協議もあり。

夜からは、中学校の図書室で地域の会議もあって。

かつ、上記の合間に幾つもの現場も。

っと、瞬く間に過ぎた1日でありましたけども。

そんな中で“本日のハイライト”をピックアップすれば。

まずもって。

「そんな星の下に生まれた」と表現すれば、誇大であれ。

またも遭遇してしまう「おじい様の転倒現場」。

相変わらず、私の自転車での行動範囲は、かくも広く。

お昼に南区を快走しておりましたらば。

長い坂道を下った場所で。

おじい様が転倒、血だるまで倒れている状態。

眉間から、膝から、両手から、ダラダラ血が流れ出ておりまして。

「大丈夫ですか!?」

と、声を掛けさせて頂きながら。

誰が見ても大丈夫でない事は明白の一目瞭然。

「救急車を呼びましょうか?」

と、続けて声を掛けさせて頂いても。

「いや!家が近所だから大丈夫だよ」

と、ご返答されるのみ。

繰り返しとなりますが、どこからどう見ても大丈夫じゃない。

自転車のカゴは大きくゆがみ、苦痛を滲(にじ)ませ表情もゆがむ。

はてさて、どうするものぞ。

結果、近くの病院まで付き添いながら、救急受付へ急行、同行。

そして、問題はココからです。

応対、問診に出て来た若い男性医の、まあ横柄な事。

「おじいちゃん!一人暮らし!?」

「頭は打ったの?」「どう?」「何?」「は?!」等々。

勿論、彼(お医者さん)に悪気は無いのですが。

か、か、看過、で、で、できない…。ピチ、プチ、プチン。

(堪忍袋の緒が、ほつれ始めている音)

「おいおい!もうちょっと他に言い方(言動)ってあるでしょ?」

「それが目上の人へ対する…」

と、激昂への衝動に駆られ、ながら。ながらです。

そこは病院、ホスピタル。

グっと、グっと「忍」の一字で、我慢させて頂きましたが。

なんだかなぁ。うぅむ。

「脇腹も痛い、痛いよ」と連呼されていたけど。

おじいさん、大丈夫だったかな?

で、とどのつまり。

私は、こういった街角で「怪我をしている、おじい様」に。

よくよく遭遇する。

(ホントです。過去に救急車を呼んだり等々、幾度ヘルプした事か)

そういった、お話(本日のハイライト)でございました。

さて。自転車を誰よりも平素から乗っているだけに。

注意を怠ると…

本当に危険が伴う事を、数々の痛い経験を通じ、知る者として。

皆様におかれましても、2輪に、また4輪、そこ問わず。

何卒、安全運転を。

m(_ _)m

投稿日 : 2017年5月15日
スポーク&スパーク